記事

大家さん注目の空室対策術とは?効果的な空室対策術を5つ紹介

​​​​​​​


所有物件に空室を出さないために、大家さんや管理会社は、日々様々な空室対策を行っています。

ここでは、5つの空室対策術をご紹介します。


①相場を把握して家賃を設定する

②外国人入居者を受け入れる体制を取る

③フリーレント期間を設ける

④賃貸登録できるサイトに登録する

⑤ネット環境完備・家具・家電付き物件にする


実際に効果のある空室対策術をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。


目次[非表示]

  1. 1.前提:住む人の気持ちを考えた「ペルソナ設定」が重要
  2. 2.空室対策術①相場を把握して家賃を設定する
  3. 3.空室対策術②外国人入居者を受け入れる体制を取る
  4. 4.空室対策術③フリーレント期間を設ける
  5. 5.空室対策術④賃貸登録できるサイトに登録する
  6. 6.空室対策術⑤ネット環境完備・家具・家電付き物件にする
  7. 7.空室対策ならアイネット


前提:住む人の気持ちを考えた「ペルソナ設定」が重要


空室対策を行うためには、まず入居者のターゲットを絞りましょう。

最も重要なことは、「入居者目線」で空室対策を行うことです。


入居者のためには、どんな空室対策を行えば良いのかを考えてみましょう。


特に重要視する2点をご紹介します。


・お得感があること

・長く住みたくなる住環境


お得感とは、入居希望者に好印象を持ってもらうために重要なことです。

例えば、「無料インターネットが利用できるのにこの家賃はお得」「宅配ボックス完備でこの家賃はお得」など、便利な設備が設置してあるのに家賃が安価だと、入居希望者はお得感を感じます。


多くの入居希望者に興味を持ってもらえるような物件にし、空室対策を行いましょう。


次に重要視すべきことは「長く住みたくなる住環境」を提供することです。

入居者を手放さないために空室対策の一環としてとても重要です。



定期的な整備や清掃、安心安全のサポート体制、良心的な更新料などで、住みやすい住環境を提供しましょう。


長期入居者が多いほど、新たな入居者獲得のための広告費やクリーニング費用などがかからないため、支出が減り、安定した経営を続けることが可能です。



空室対策術①相場を把握して家賃を設定する


相場よりも高い家賃設定にしていると、空室が続く原因になります。


家賃設定をするためには、所有物件がある土地の環境や部屋の間取り、設備などを確認することが重要です。

相場よりも高く設定してしまうと、入居希望者の検索条件から外れてしまう可能性があります。


現代では、インターネットで物件探しをする人が多いため、家賃が高い場合は、検索の時点で条件から外されてしまいます。

そうなると、入居希望者は集まらず、空室の状態が続いてしまいます。


例え、家賃以外の条件が良い場合でも、その土地の相場よりも家賃設定が高いと、入居希望者は集まりません。


相場を調べるためには、ネットの情報系サイトを閲覧、または管理会社に相談してみましょう。


まずは、家賃を見直すだけで空室対策に繋がります。

​​​​​​​


空室対策術②外国人入居者を受け入れる体制を取る


文部科学省の調査によると、2020年には全国に279,597人もの留学生が滞在しています。

参考:(PDF)文部科学省「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について(https://www.mext.go.jp/content/20210330-mxt_gakushi02-100001342-01.pdf)


外国人留学生は、2011年から約1.7倍に増えています。


日本に訪れている外国人留学生が増えているため、外国人が入居希望する場合もあります。


外国人入居者を受け入れる体制を整えておくと、入居希望者の枠が増え、空室対策になります。


文化やマナーといった点で、トラブルになる可能性もあるため、万が一トラブルが起きた場合でも対処できるように対策を練っておきましょう。

トラブルに発展しないためにも、入居前に行う説明や賃貸管理会社への依頼などで対応できるように体制を整えておくことも重要です。


空室対策術③フリーレント期間を設ける


フリーレントとは、入居後の1ヶ月から3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態です。

他の物件と差別化し、一定期間家賃を無料にすることで、入居者を増やす目的です。


インターネットで物件探しをする際、条件にフリーレント付きとチェックをして、検索をかける入居希望者もいます。

フリーレント期間があることで、入居希望者も家を借りやすくなります。


引っ越しをする際は、以前の住居と現在の住居の両方の家賃が二重に発生しますが

フリーレント期間があると、二重家賃は発生しないため、金銭的にも余裕が出ます。

このような理由から、フリーレント付きを希望する入居希望者も多くいます。


フリーレント期間は家賃収入はありませんが、

その後は家賃収入の見通しが経つため、安心してフリーレント付きと打ち出すことができます。


空室対策術④賃貸登録できるサイトに登録する


インターネット上には、所有物件を登録し、入居希望者を募るサイトが多くあります。

無料で登録可能なサイトも存在し、大家さん自らが物件を売り出すことができます。


サイトに登録することで、多くの人の目に止まるため、入居希望者に所有物件をアピールするチャンスができます。

現代の人は、インターネットを利用し物件探しをするため、賃貸登録できるサイトに登録することで、簡単に入居希望者を集めることが可能です。


しかし、空室がないと登録できないため、空室がある場合のみ、実施してみてください。


空室対策術⑤ネット環境完備・家具・家電付き物件にする


無料インターネット完備、家具・家電付きの物件にすることも、空室対策術の一つです。


引っ越しをする際に必ず初期費用がかかります。

家具や家電を揃えたり、インターネットを通したりする費用などで、引っ越しの費用は膨大な額になります。


そのため、入居希望者は少しでも初期費用を抑えたい気持ちを持っています。


多くの世代でスマートフォンを使用しているため、スマートフォンで動画などを見る人も増えています。コロナウイルス感染拡大のため、自粛生活で家でインターネットを利用する機会も増え、無料インターネット完備は、どの世代にも魅力的に感じる設備です。


一番費用のかかる、家具、家電、インターネットを全て物件に完備すると、初期費用を抑えたい入居希望者やお金のない学生など、幅広い層が興味を持ってくれる可能性が高くなります。



空室対策ならアイネット


アイネットは、家賃の底上げや空室対策をしたい大家さんや管理会社向けの無料インターネットサービスです。


入居者様の手続き、工事、月額費用が0円と安価な料金設定で、24時間365日安心サポート付きです。サービスを自社で完結し、必要コストを最低限に抑えることで、他社よりも10%から20%ほど安く提供することが可能です。


各大家さんの状況に合わせたプランをご提案し、親身にご対応させていただきます。


IPoE方式を用いたIPv6接続を導入しており、通信速度も問題ありません。


アイネット導入後、入居率90%以上UPという報告もあります。

無料インターネット設備は、効果も出やすく、費用対効果の非常に高い設備です。


空室対策、入居率UPしたい大家さん、是非アイネットで無料インターネットを導入してみませんか。

  マンション・アパートの空室対策やIOT設備なら無料インターネット設備アイネット 入居者があってうれしい設備、No1の無料インターネット。アイネットでは費用対効果バツグンのインターネットサービスを提供しています。空室対策や設備投資におすすめ。入居者様に人気のセキュリティカメラや無線LAN、埋込型Wi-Fiなど人気設備の設置も対応可能です。お見積もり無料。 https://ainet.life/lp




空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します