記事

【大家さん向け】マンション・アパートへの無料Wi-Fi・無料インターネット導入に関して徹底解説


無料Wi-Fiや無料インターネットが、マンションやアパートの賃貸経営の空室対策になると聞いたことのある大家さんは多いと思いますが、次のような疑問を持つ人も多いでしょう。


「無料のWi-Fiやインターネットが空室対策になるのはなぜ? 」

「無料のインターネットの種類や導入手順は? 」

「無料のインターネット導入で気を付ける点は? 」


そこで今回は、アパートやマンションに無料Wi-Fi・インターネット設備を導入するメリットや回線の種類、費用目安などを紹介しながら、「無料インターネットが空室対策につながる理由」について解説します。



目次[非表示]

  1. 1.インターネット無料、アパート/マンションWi-Fi無料とは
    1. 1.1.インターネット無料とは
    2. 1.2.アパート/マンションWi-Fi無料とは
  2. 2.今、なぜアパートやマンションにWi-Fiが必要か  
  3. 3.Wi-Fiでインターネット無料の賃貸物件で訴求すべき理由5選
    1. 3.1.理由その1:スマホの普及率が上昇している
    2. 3.2.理由その2:インターネット無料は人気設備ランキングで連続1位を獲得
    3. 3.3.理由その3:賃貸物件情報サイトの「インターネット無料」で検索率アップ!
    4. 3.4.理由その4:入居者にとってメリットがある
    5. 3.5.理由その5:競合物件との差別化ができ空室対策につながる
  4. 4.Wi-Fi・インターネットの導入方法
    1. 4.1.Wi-Fi・インターネットの導入方法1:有線方式
    2. 4.2.Wi-Fi・インターネットの導入方法2:無線方式
  5. 5.賃貸物件を探す人の流れとリテラシー      
  6. 6.入居者が検討するマンションインターネットの選択肢         
  7. 7.マンション/アパートに無料Wi-fiを設置する方法3選!工事なしも 
    1. 7.1.1.共有部設置型Wi-Fi
    2. 7.2.2.埋め込み型Wi-Fi
    3. 7.3.3.置き型Wi-Fi
  8. 8.マンション/アパートに無料Wi-fiを設置する工事費用        
  9. 9.マンション/アパート無料Wi-fiのご契約/導入までのながれ
  10. 10.マンション/アパート無料Wi-fiを設置するならアイネット 
    1. 10.1. 他社より10~20%ほど安い月額料金
    2. 10.2.24時間365日対応!安心サポート付き
    3. 10.3.IoT機器のオプションが充実
  11. 11.マンション/アパート無料Wi-fiまとめ




インターネット無料、アパート/マンションWi-Fi無料とは

賃貸物件の設備項目に書かれている「インターネット無料」と「Wi-Fi無料」。同じものだと思っている人も多いようですが、両者には違いがあります。ここでは、その違いを詳しく解説します。



インターネット無料とは

「インターネット無料」とは、すでに部屋までインターネット回線が通っていて、入居後すぐにインターネットが使用できる状態を言います。尚、「インターネット完備」と記載されている場合もあります。インターネットを使用するために必要な手続きは、すでに物件オーナー(大家さん)がおこなっているため、入居者はプロバイダ契約やネット料金の支払いは不要です。


各部屋にはインターネット用のLANコンセントが設置されており、パソコンなどであればLANケーブルでつなぐだけですぐにインターネットが利用できますが、スマホを使用するには別途Wi-Fiルーターが必要な場合もあります。



アパート/マンションWi-Fi無料とは

アパートやマンションの「Wi-Fi無料」とは、建物の共有部分などに設置されたWi-Fiルーターから各部屋まで電波を飛ばす、または各部屋にWi-Fiルーターが設置されている状態を指します。入居者は、あらかじめ知らされたWi-Fiのパスコードなどを入力するだけで入居後、すぐにスマホやタブレットでインターネットに接続・使用ができます


尚、こちらもインターネットを使用するために必要な手続きは、物件オーナー(大家さん)がおこなっているため、入居者による手続きや支払いは不要です。



今、なぜアパートやマンションにWi-Fiが必要か  


年々スマホの普及率が上昇しているなか、賃貸物件の入居者からもWi-Fiを利用できる環境が求められています。


出典:総務省 「令和2年度版情報通信機器の所有状況」


上記は、総務省がおこなった令和2年度版「情報通信機器の所有状況」です。2019年にはスマホの世帯保有率が83.4%、モバイル端末全体では96.1%と過去最高になりました。この結果から、多くの人にとってスマホが欠かせないアイテムであることがよくわかります。


しかし、Wi-Fiに接続されていない環境でスマホを使用する場合、パケット通信を使うことになります。パケット通信は、利用できる容量によって料金が異なるため少ない容量のパケット契約している人も多いです。


そんななか、賃貸物件の入居者の注目を集めているのが、「パケットを気にせずスマホでさまざまなコンテンツを楽しむことができる」Wi-Fi無料の賃貸物件への入居です。

また、入居者個人がインターネット契約をした場合、毎月約5千円~7千円程度のネット料金が発生します。しかし、Wi-Fiが無料で使える賃貸物件に入居すれば、その額を節約できることも大きな魅力のひとつとなっています。


現在の賃貸物件市場でWi-Fi・インターネット無料の物件数は、まだまだ少ないのが実状です。そのためWi-Fi・インターネット無料設備を導入することは、近隣の競合物件との差別化を図れます。


スマホの普及によって求められる賃貸物件のWi-Fi無料やインターネット無料の設備を導入することで、競合物件との差別化につながるとともに空室対策にもつながるのです。



Wi-Fiでインターネット無料の賃貸物件で訴求すべき理由5選

ここではWi-Fi無料やインターネット無料設備を賃貸物件に導入することで得られるメリットをまとめました。なぜ、インターネット無料設備が空室対策につながるか、ぜひご確認ください。



理由その1:スマホの普及率が上昇している

上で述べたようにスマホの普及率は年々上昇しています。世帯保有率83.4%という数字は、もはや「スマホは持っていて当たり前」と言えるかもしれません。


それだけスマホが日常生活に欠かせないアイテムであることから、パケット通信を気にせず自宅で思う存分スマホを使用できる、Wi-Fi無料やインターネット無料の設備がある賃貸物件は、入居者にとって入居の決め手となる大きな魅力のひとつです。



理由その2:インターネット無料は人気設備ランキングで連続1位を獲得

出典:全国賃貸住宅新聞 「2020人気設備ランキング」



上記は「全国賃貸住宅新聞」が発表した「人気設備ランキング」の結果です。このランキングは、全国の賃貸仲介業者や不動産管理会社を対象に毎年おこなわれるアンケートで、最新の賃貸需要のトレンド指標として多くの大家さんが注目しています。


そのランキング結果を見ると、単身者向け・ファミリー向け賃貸物件ともに「インターネット無料」が5年連続1位を獲得しているほどの人気設備です。


ファミリー向け物件でもインターネット無料は2年連続1位でした。このことから単身者はもちろん、家族全員それぞれがスマホを持つようになり、1戸単位で使用できるインターネット無料設備が求められるようになったと推測できます。



理由その3:賃貸物件情報サイトの「インターネット無料」で検索率アップ!

上記のような入居者のニーズを反映させているのが、賃貸物件ポータルサイトの物件検索条件です。ほとんどの大手賃貸物件ポータルサイトでは物件検索の条件として「インターネット無料」が選択できるようになっており、インターネット無料物件を特集したページも存在します。

出典:SUUMO(賃貸物件検索画面)


所有する物件にインターネット無料設備を導入していれば、検索結果として表示される回数が増えて入居してもらえる確率も上がり空室対策につながりますが、逆に未導入であれば入居希望者の目に物件情報が触れることさえないのです。


このようにインターネット無料の設備は、入居希望者の選択肢のひとつとして定着しつつあります。



理由その4:入居者にとってメリットがある

入居者にWi-Fi無料やインターネット無料のある賃貸物件が選ばれる理由は、入居してすぐにスマホのパケットを気にせず思う存分インターネットが使えて、しかもインターネットを使用するための初期費用や月々のネット料金が不要になることです。


Wi-Fi・インターネット無料設備がない賃貸物件の場合、入居者自身がインターネット回線利用のために回線引込工事を申込んだりプロバイダ(ネット業者)との契約をおこなわなくてはなりません。また、そのための工事費用や月々のネット使用料を支払う必要があります。


これらの手続きは時間がかかるため、入居してすぐにスマホを使用することはむずかしく、室内工事が必要な場合はさらに使用開始まで時間がかかってしまいます。


このように手間や時間、お金をかけずに済むため、Wi-Fi無料やインターネット無料設備のある物件を選ぶ人が増えているのです。



理由その5:競合物件との差別化ができ空室対策につながる

入居者にとってWi-Fi無料やインターネット無料はメリットの多い設備ですが、新築物件や築浅物件を除けば、上にも書いたように導入済みの賃貸物件数は少ないのが実状です。そのため一度入居すれば、立地や家賃、設備など同条件の賃貸物件が見つからない限りは退去せずに居住してもらえる可能性が高まりますが、退去させないことは最強の空室対策と言えるでしょう。


また、Wi-Fi無料やインターネット無料設備を導入することで、近隣の競合物件との差別化につながります。ただし、今後はWi-Fi・インターネット無料設備を導入する賃貸物件が増えると予想されます。導入するのであれば早ければ早いほど、効果を生み出すことが可能となるでしょう。



Wi-Fi・インターネットの導入方法

賃貸物件に導入するWi-Fiやインターネットは、各部屋までLANケーブルでつなぐ「有線方式」とWi-Fi電波を飛ばす「無線方式」の2種類があります。ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。



Wi-Fi・インターネットの導入方法1:有線方式

「有線方式」とは、外から建物に引き込んだインターネット回線を各部屋にLANケーブルをつないで分配する方法です。Wi-Fiを使用するには各部屋に設置されたLANコンセントとWi-Fiルーターなどを接続するのが一般的ですが、埋め込み型Wi-Fiの場合はルーター等が不要です。


有線方式のメリットは、Wi-Fiルーターを自室内に設置するため、無線方式に比べて電波が届きやすく安定すること。また、LANケーブルを使用することで良好な接続が確保できるため、パソコンのオンラインゲームや動画の生配信、大事なリモート会議など、途中で回線落ちしたくない人におすすめです。


対してデメリットは、LANケーブルを各部屋へつなぐため室内工事です。そのた物件に入居者がいる場合は在宅時に工事をおこなわせてもらわなくてはならず、日程が合わないと工事完了・導入まで時間がかかることもあります。また、その工事費用も必要です。



Wi-Fi・インターネットの導入方法2:無線方式

「無線方式」とは、外から建物内に引き込んだインターネット回線を敷地内(共有部など)に設置した無線ルーターで電波を飛ばし、各部屋でインターネットを共有します。そのため各戸にルーターは不要です。


無線方式のメリットは、工事が必要なのは共有部などだけなので、各部屋の工事が不要なため、導入まで短時間で済むことです。また工事費用も有線方式に比べて安くなります。


デメリットは、Wi-Fiの敷地内に設置したルーターからの距離や障害物があるとWi-Fi電波が届きにくく、接続が切れてしまうこともあります。また、木造以外の構造では各部屋に電波が届かないこともあるため、事前に電波が届くかどうか業者にテストしてもらいましょう。


尚、共有部にルーターを設置する以外のWi-Fiインターネット設置方法については、下記の「マンション/アパートに無料Wi-fiを設置する方法3選!工事なしも」の項をご覧ください。



賃貸物件を探す人の流れとリテラシー      

インターネット無料設備の導入は、入居者にとっても大家さんにとってもメリットがあります。しかし、ここで気をつけたいのが「入居者が求めるWi-Fi・インターネット無料」と「物件に導入したWi-Fi・インターネット無料」に齟齬がないかです。


入居者の多くはインターネットを駆使して物件情報を検索しています。その流れで、「入居者が賃貸物件を借りる際の注意点」などの情報を知る機会は少なくないでしょう。

「部屋を借りよう」と考える人は、おおむね以下の流れで部屋を探し、入居する物件を決定します。


①      物件検索サイトで検索

②      不動産屋さんに仲介をお願いする 

③      物件の内見

④      条件確認 

⑤      契約

⑥      入居


コロナウィルスの影響で、以前に比べて①の段階で、賃貸物件情報を収集する人が増えました。最近では、②~④もオンラインで済ませる人も多く、場合によっては⑤の契約もオンラインで済ますことも。入居希望者が①~④の手順をインターネットでおこなう過程で、「Wi-Fi・インターネット無料設備」についてのメリットやデメリットを把握していても不思議ではありません。


特に、「ネットが無料の分、家賃や共益費に上乗せされているらしい」、「インターネット速度が遅くて使えない」など、ネガティブな情報もネット上で見受けられます。こういった情報をネット上で読んだ入居希望者は、検討中の物件に問題はないか気になるはずです。


そして、賃貸物件情報に書かれた部分だけを鵜呑みにせず、検討中の物件家賃を周辺の家賃相場と比較したり、賃貸不動産ポータルサイトを通して確認したり、「この物件なら大丈夫」と判断した物件を選ぶことになります。


インターネットの普及によって入居者は、多くの賃貸物件を選択するための情報を得ることができ、そして、その情報をもとに「自分が求める内容と齟齬のない物件=良質な物件」を選ぶことが可能になったのです。


大家さんは、Wi-Fi・インターネット無料の設備を単なる空室対策として導入するだけでなく、入居者は多くの知識を持っていることを理解したうえで、入居者の期待に応えられるインターネット設備の導入を意識する必要があるのです。



入居者が検討するマンションインターネットの選択肢         


入居する賃貸物件にどんなインターネット設備があるのか、入居希望者が物件選びの段階でしっかりチェックしていることは、先にお伝えした通りです。

ここでは、賃貸物件に記載されているインターネットの種類が入居率にいかに影響するかを解説します。


①インターネット完備(インターネット無料)

当記事でお伝えしたように、回線契約やネット使用料不要で入居直後にインターネットが利用できることから、入居条件の上位に位置するインターネット設備となります。導入している物件が少ないこともあり、入居者を獲得しやすい物件です。


②インターネット対応

物件の共有部まではインターネット回線が届いてる状態です。部屋でインターネットを使用するためには、入居者が個人で回線引き込み工事の申し込みやプロバイダ契約を結び、毎月のネット料金を支払う必要があります。


インターネット完備(無料)に比べてインターネット対応の賃貸物件数は非常に多く、賃貸物件ポータルサイトでも入居条件のひとつとして選択が可能です。無料のインターネット設備を必要としていない人であれば不満は感じないでしょう。


③ 光ファイバー対応

物件の共有部まで光回線が届いている状態です。上記のインターネット対応と似ていますが、通信速度の速い「光回線」に対応していることをアピールしています。こちらも部屋へ回線を引き込む工事やプロバイダ契約、ネット料金の支払いは自分でおこなわなくてはなりません。


尚、単に「インターネット対応」としか書かれていなくても、光回線が使用されている場合もあります。


④インターネット未導入

インターネット未導入とは、その建物自体にインターネット回線が通っていない物件を指します。その建物内でインターネットを使うには、大家さんが建物までネット回線を引き込む工事をおこなうか、入居者がホームルーター(スマホのキャリア回線を利用して無線でインターネットを利用する)やポケットWi-Fiなどの通信端末を個人で契約することになります。


スマホの普及率が上がっている昨今、インターネット未導入の物件数も減りつつありますが、わざわざインターネット未導入の賃貸物件を選ぶ人は非常に少ないため入居率に関してはあまり期待できません



マンション/アパートに無料Wi-fiを設置する方法3選!工事なしも 


賃貸マンションやアパートに無料のWi-Fiを導入する際の設置方法はいくつかありますが、ここでは代表的な3つの方法をご紹介します。



1.共有部設置型Wi-Fi

建物に引き込んだインターネット回線を建物の敷地内(共用部など)にWi-Fiルーターを設置し、各部屋にWi-Fi電波を飛ばす方法です。今回紹介するWi-Fi無料の設置方法としては一番多い方法です。


共有設置型のメリットは、工事をおこなうのはルーターを設置する場所だけ。各部屋の工事が不要なため工期が早く工事費用が安いことがあげられます。


デメリットは、Wi-Fiルーターの設置場所から部屋までの距離があったり障害物があったりする場合、インターネット接続が遅くなったり繋がりにくいこともあります。また、設置できるアパートの構造に制限があるので、導入前は必ずWi-Fi電波のチェックを業者に依頼しましょう。



2.埋め込み型Wi-Fi

「埋め込み型Wi-Fi」は、途中までは有線方式(建物に引き込んだインターネット回線をLANケーブルで各部屋につなぐ)で、その後は各部屋に設置したWi-Fiルーターを埋め込んだコンセントを通じてWi-Fiを共有する方法です。

出典:アイネット(埋め込み型Wi-Fiコンセント)            


メリットは、Wi-Fiルーターが室内にあるため、共有部設置Wi-Fiに比べてインターネット接続が安定します。また、Wi-Fiだけでなく有線LAN接続もできるので、オンラインゲームなど特に安定した回線を求める入居者にも満足してもらえます。さらにWi-Fiルーターは壁に埋め込まれているので電源ケーブルや配線が不要なため、部屋がスッキリするのもメリットのひとつです。


デメリットは、各部屋までのLANケーブルが通っていないと設置できないこと。また各部屋の室内工事も必要なため、物件に入居者がいる場合は導入まで時間がかかる場合も。設置工事の費用も必要ですが、埋め込み型Wi-Fiコンセントは従来のLANコンセントに比べて割高なこともあります。



3.置き型Wi-Fi

「置き型Wi-Fi」は、各部屋まで引いたLANケーブルに、外付けの置き型Wi-Fiルーターを接続する方法です。


メリットは、埋め込み型Wi-Fi同様、Wi-Fiルーターが室内にあるため、共有部設置Wi-Fiに比べて接続が安定していることや、ルーターの種類によっては有線LAN接続もできることです。また、置き型Wi-Fiの場合、各入居者に配布して各自で接続してもらうため工事は不要です。


デメリットは、別途ルーターを購入する必要があることと、置き型なので退去の際に持ち去られる可能性があることがあげられます。



マンション/アパートに無料Wi-fiを設置する工事費用        



賃貸アパートやマンションに無料Wi-Fiを設置する場合の工事費用は、設置方法や物件の戸数、構造によって、また、依頼する業者によっても工事費用には開きがあります。そのため、正確な導入費用を知るには業者に見積もり依頼が必要です。


ここでは、あくまで参考として工事費用の目安ご紹介します。



【共用部設置型Wi-Fi 2社の比較】


2社を比べてみると、それぞれの費用額は大きく異なることがわかります。年間費用だけを比べると圧倒的にB社のほうが安いのですが、ポイントは、障害発生時の費用が別途かかることです。業者によっては、こういったイレギュラーな料金がかかる場合もあるため、見積りを確認する際は不明なところがあればどんどん質問して明確な料金を把握することが重要です。


尚、インターネット業者によっては、初期費用が無料になる、お得なサービスを受けることも可能です。できるだけ導入費用をおさえたい大家さんにおすすめです。



マンション/アパート無料Wi-fiのご契約/導入までのながれ

賃貸マンションやアパートに無料Wi-Fiを設置する場合の一般的なながれを簡単にご紹介します。


1.  事前調査・ヒアリングを申込む

まずは、気になるネット業者に無料Wi-Fi導入を検討していることを伝えましょう。担当者が大家さんを訪問し事前調査・ヒアリングをしてくれるので、日時のアポイントメントを取ります。訪問調査終了時に、電波検査等を申し込みます。



2.電波調査・見積りを依頼する

電波がどのように飛ぶのかを専用機材を使用し電波調査がおこなわれます。その結果によってWi-Fiルーターの設置台数や設置場所が提案されるので、見積りとして提出してもらいましょう。



3.契約・施工

見積りを確認し、気に入れば契約を結びます。その後、施工がおこなわれます。設置が完了したら電波テストをおこない、問題ないことを確認したら導入完了です。


業者にもよりますが、共用部設置型Wi-Fiの場合は、事前調査申し込みから工事完了まで約1ヶ月と短期間で導入が可能です。また、サポートサービスとして定期検査やトラブル対応窓口が用意されている場合もあるので、かならず確認しておきましょう。


導入までの期間や取り扱っているWi-Fiルーターの種類、工事費用などは業者によって異なります。かならず複数の業者から見積りを取り、比較検討したうえで設置を依頼しましょう。



マンション/アパート無料Wi-fiを設置するならアイネット 

出典:アイネット


ここで、導入実績年間20,000戸以上の無料インターネット設備会社「アイネット」をご紹介します。「アイネット」は、今回ご紹介した無料Wi-Fi・インターネット設備のポイントを備えているだけでなく、下記のようなメリットもあります。



 他社より10~20%ほど安い月額料金

「アイネット」は光回線事業者としてサービスを自社で完結しているため、コストを最小限におさえることで、他社より10~20%ほど安い月額料金を実現することが可能です。また、大家さんが求める内容と状況に見合ったプランをご提案します。



24時間365日対応!安心サポート付き

「アイネット」のコールセンターは24時間365日対応しています。万が一、回線に問題が発生した際には、専任スタッフが迅速に対応できる体制を敷いています。



IoT機器のオプションが充実

「アイネット」では、Alexa搭載のホームゲートウェイをはじめ、室内コミュニケーションカメラ、スマートロック、スマート家電リモコンなど、多様なIoT機器をオプションとしてご用意しています。物件の付加価値を上げるためにも、ぜひご検討ください。



マンション/アパート無料Wi-fiまとめ

スマホの世帯普及率が83%を超え、これからますます無料Wi-Fi・インターネットは入居者に求められる設備になることが予想できます。しかし現時点では、無料Wi-Fi・インターネットを導入している賃貸物件はまだまだ少ないのが現状です。そのため無料Wi-Fi・インターネットを導入することで、競合物件との差別化をはかるととも、退去の抑制や空室対策につながります


また、アパートやマンション用の無料Wi-Fi・インターネット設備は、回線の種類やWi-Fiの種類が複数あります。導入する際は、かならず複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

ぜひ、当記事を参考に入居者が満足する無料Wi-Fiや無料インターネットを導入して、賃貸経営を成功させてください。


マンション・アパートの空室対策やIOT設備なら無料インターネット設備のアイネットへはこちら!!>>https://ainet.life/



空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します