記事

福井県のアパート経営に強いおすすめ会社10選!選びかたや福井の特徴も学んで投資の失敗を防ごう



福井県で不動産経営と聞くと、どんなイメージでしょうか? 一般的には人口が少なく空室率が高めなこともあり、投資マンション経営者は、まず飛びつかない地域です。


しかし、福井県はマンションよりもアパートがほとんどだと知っていましたか? そこで「あぱたい」では福井県のアパート経営に着目し、おすすめの建築会社をご紹介。


さらに都市部である福井市をはじめ、敦賀市・大野市・鯖江市・越前市を中心に統計データによる客観的視点をもとに、福井県で失敗しないアパート経営を学びます。



目次[非表示]

  1. 1.福井県のアパート経営に強い会社10選
    1. 1.1.大手で安心感重視!アパート経営に強い有名な会社5選
      1. 1.1.1.1.大東建託株式会社
      2. 1.1.2.2.ミサワホーム株式会社
      3. 1.1.3.3.三井ホーム株式会社
      4. 1.1.4.4.東建コーポレーション株式会社
      5. 1.1.5.5.大和ハウス工業株式会社
    2. 1.2.地域密着型!地元のアパート経営に強い会社5選
      1. 1.2.1.1.株式会社クロダハウス
      2. 1.2.2.2.エルディ株式会社
      3. 1.2.3.3.ランドマックス株式会社
      4. 1.2.4.4.ハートフルマンション株式会社
      5. 1.2.5.5.湖都建設株式会社
  2. 2.アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた
    1. 2.1.1.    大手企業のメリット・デメリット
    2. 2.2.2.地域密着型企業のメリット・デメリット
    3. 2.3.3.根拠のある提案をしてくれる
    4. 2.4.4.親身になって相談に乗ってくれる
    5. 2.5.5.希望する建築構造が得意かどうか
  3. 3.福井県内でアパート経営は儲かるのか?
    1. 3.1.福井県賃貸市場
    2. 3.2.福井県と近隣の岐阜県と石川県を比較
  4. 4.アパート経営を福井県ではじめる際の強み
    1. 4.1.1.幸福度ランキング総合1位からくる安定した居住率
    2. 4.2.2.物件数が少ない=差別化を図りやすい
    3. 4.3.3.駅から遠くても高ニーズなアパート経営が実現可能
  5. 5.福井県でアパート経営をはじめる場合のポイント
    1. 5.1.福井県内でアパート経営をはじめる際に注目すべき地域
    2. 5.2.地域によりワンルームとファミリーを選択
  6. 6.まとめ



福井県のアパート経営に強い会社10選

福井県のアパート経営に強い会社10選


まずは福井県のアパート経営に強い会社を大手建築会社と、地域密着型の建築会社それぞれ分けてご紹介。 また、いい不動産会社の見極め方法もあわせてご確認ください。



大手で安心感重視!アパート経営に強い有名な会社5選


1.大東建託株式会社


公式サイト:https://www.kentaku.co.jp/


長期にわたる賃貸経営のサポートを掲げている大東建託。 大型マンションよりもアパートの実績が多く、初心者大家さんにとってもわかりやすいプランが充実しています。


賃貸住宅管理戸数22年連続1位を誇る実績からも、アパート経営のノウハウはもちろん大家さんにとって最適なプランの実現にも大きなメリットになります。  



2.ミサワホーム株式会社


公式サイト:https://www.misawa.co.jp/totikatuyo/


2~3階建てアパートタイプの施工を多く手がけている三井ホーム。女性にも好まれるデザイン性の高い物件は、入居者に選ばれやすくなる大きなポイントです。


先進テクノロジーを活用したセンチュリーモノコック構法を採用するなど、災害などを考慮した商品も。 勝ち(=価値)残る賃貸住宅経営をモットーに、将来選ばれつづけるアパートを実現させてくれるのではないでしょうか。  



3.三井ホーム株式会社


公式サイト:https://www.mitsuihome.co.jp/property/


三井不動産グループである三井ホームは、アパート経営に関わるすべての連携が整っており、初心者大家さんにとっては心強い体制です。 また建築から賃貸住宅まで、長年の実績から培ったノウハウをもとに賃貸住宅による土地活用の実績を多く持っています。


自社オリジナルのプレミアムモノコック構法では、過酷な条件での実験で耐震性を実証。 大きな地震が懸念される昨今、耐震性にすぐれたアパートはこれからのアパート経営による差別化につながります。  



4.東建コーポレーション株式会社


公式サイト:https://www.token.co.jp/


節税効果が高い賃貸経営の提案を得意とする東建コーポレーション。事業承継にも目をむけたサブリースによるアパート経営を実現させています。


そのため、長期安定経営が可能な地域のみを提案。 プロの目線からアパート経営の将来性が見込める地域を厳選してくれるのは心強いですね。  



5.大和ハウス工業株式会社


公式サイト:https://www.daiwahouse.co.jp/tochikatsu/d-room/


信頼と実績から、さまざまな賃貸経営の提案力が高い大和ハウス工業。 これからの不動産投資は売買収益よりも賃貸収入が賢明とうたっています。


デザイン性にすぐれたアパートも多く、メゾネットタイプの商品も豊富。 景気に影響されにくいデータ分析をもとに、将来性の高い賃貸経営を実現してくれるのではないでしょうか。  



地域密着型!地元のアパート経営に強い会社5選


1.株式会社クロダハウス


公式サイト:https://www.kurodahouse.com/


大家さんの立場によりそい、迅速なサポート体制を心がけているクロダハウス。 提携している不動産業者も豊富で、地域密着でありながら一括で管理を任せることができる会社です。


無料相談も受けつけており、現在所有しているアパートに関しても専門的な視点からアドバイスも。 はじめてのアパート経営で不安を抱える大家さんにとっては心強い味方になります。  



2.エルディ株式会社


公式サイト:https://www.ld-fudousan.com/


古いアパートでもニーズに適したリノベーションを1部屋から相談・施工できるエルディ。 また、リノベーション後もエルディが借上げるサブリースを採用しています。


リノベーション後は家賃の増額の実績もあるため、中古アパートの購入を検討中のかたや老朽化が進んだアパートを所有している大家さんは相談する価値アリです。  



3.ランドマックス株式会社


公式サイト:http://www.landmax.jp/


モダンでどの地域にも溶け込めるデザイン性にすぐれた外観が多いランドマックス。 アパート建築の実績が多いため、設計から施工までお任せ。収益性の高い土地活用についても高い提案力を実現させています。  



4.ハートフルマンション株式会社


公式サイト:https://heartful-mansion.jp/toyama/


主にRCが中心のハートフルマンション。 施工後も管理や仲介など連携して取り組んでいるため、物件管理業務はもちろん、トラブル対応や24時間緊急対応もお任せ。


木造と非木造では、賃貸経営にどう影響するのかを比較するうえでも、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。  



5.湖都建設株式会社


公式サイト:http://www.kotoken.net/


ハウスメーカーにはないこまかな配慮を目指し、かかりつけ医院のような地域密着No.1を目指す湖都建設。 初心者大家さんにはもちろん、専門的な内容の相談も親身になって対応してくれる会社です。


会社の利益のためだけではなく、「将来を見据えた大家さんの利益を追求」をモットーに業務をおこなっています。  



アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた

アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた


アパートを建築したいと考えている大家さんにとって、いい建築会社を選ぶポイントはぜひとも知りたいところ。 また、既存のアパートがある場合もリフォームや賃貸経営に関する相談など、空室率を下げる方法はたくさんあります。


ハウスメーカーなどの大手か、地域密着型の建築会社かどちらがいいのかは大家さん自身がどんなアパート経営にしたいかで違ってきます。


最初の一歩である建築会社の選びかたを失敗しないためにも、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。



1.    大手企業のメリット・デメリット


【メリット】

  • 自社の商品が充実しており、大家初心者でも建築プランが決めやすい
  • 社員の教育やマナーが行き届いている
  • 構造別の耐火や耐震などの自社データがある
  • 税金面など、不動産経営に関わる会社も含めまとめてお任せできる
  • 会社が大きいため精神的な安心がある


【デメリット】

  • 追加オプションの対象が多く、資金がかさみやすい
  • 地域特性の知識にバラつきがある
  • 担当者が複数いるため、すぐ連絡が取れないことが多い
  • 自社の商品しか提案できないため、建築プランに制限がある



2.地域密着型企業のメリット・デメリット


【メリット】

  • 特定の地域に密着しているため、地域特性の知識が豊富
  • 自社の商品というより、どんなデザインを施工したのかをアピールしている会社が多い
  • 予算なども含めた建築プランを提案しやすい
  • 追加オプションや変更料金が発生しにくい
  • 変更や対応が大手よりも早い


【デメリット】

  • 会社が大きくないので不安を感じる
  • 管理にムラがあり、工期が伸びるなど予想外のことが起こりやすい
  • 金額の内容が明瞭ではない部分がある
  • モデル商品が少ないので、初心者大家には建築プランを提案しにくい



3.根拠のある提案をしてくれる


まず質問に対し、正確にわかりやすく答えてくれるのが大前提です。 マニュアルどおりだったり、専門用語を使った話しかただったりすると質問しにくい雰囲気になりがち。


例え会社の利益にならなかったとしても、メリット・デメリットを中立的な立場で答えてくれる会社は信用できるといえるでしょう。  



4.親身になって相談に乗ってくれる


建築プランや経営プランに対し、こちらの疑問にすぐ反応してくれるかどうかもポイントです。 大家さんが難色を示しているにも関わらず、話を進めようとしてくる会社は避けたほうがいいでしょう。


たとえば、大家さんは今あるアパートを取り壊して新築を建てるプランでいたけれど、話を聞いた担当者が「リノベーションでもアパート経営の継続が実現する」と判断し提案してくれる会社は、信用できるのではないでしょうか。


目先の利益にとらわれず、大家さんに最適なプランを実現させてほしいという姿勢を持っているかどうかの見極めは大切です。  



5.希望する建築構造が得意かどうか


前述でオススメの不動産会社を紹介しましたが、木造に強い会社もあれば、RC中心に施工してきた会社もあります。


違うタイプの会社を比較するのもいいのですが、ご自分の経営プランに近い実績を持った会社を選んだほうがいいでしょう。  



福井県内でアパート経営は儲かるのか?

福井県内でアパート経営は儲かるのか?


下記に、都道府県別の人口と着工数がひと目でわかるよう表にまとめました。 福井県内でアパート経営は本当に儲かるのか、早速チェックしてみましょう。



参考:総務省統計局 都道府県別人口と人口増減率




参考:国土交通省 都道府県別着工数


都道府県別人口ランキングでは、47都道府県のうち福井県は43位。 さらに福井県周辺の京都・岐阜・滋賀・石川と比べてみたところ、福井県はもっとも人口が少ない県といえます。


着工数に関しても、福井県は同上の近隣付近に比べ低い数字だね……しかし人口数や着工数が少ないからといって、儲からないという結論をしてしまうのは果たして正解なのでしょうか?


人口の多さに限らずそれぞれ地域の特性を分析し、どの地域でアパート経営をするか慎重に検討する必要があります。


では福井県の賃貸市場をもう少し詳しいデータで解説します。



福井県賃貸市場


参考:平成25年福井県住宅・土地統計調査

参考:福井県ホームページ


福井県の都市別に人口数と着工数・空室率を比較しました。 上記のデータを比較すると、一番人口が多い福井市を除けば、ほかの市内は人口数の幅にあまり差はないようにみえますね。


たとえば敦賀市は県内で一番人口が少ないものの、人口増減率はもっとも高く、空室率は2番に低いという結果に。 このように数の多さだけでなく、増減率や空室率で比較すると収益性のあるアパート経営がみえてきます。


次に福井県の近隣である石川県と岐阜県でそれぞれ比較してみましょう! 



福井県と近隣の岐阜県と石川県を比較



参考:総務省統計局 都道府県別人口と人口増減率

参考:福井県 平成25年福井県住宅・土地統計調査

参考:国土交通省 建築着工統計調査報告


前述でも福井県は近隣他県と比較しても人口がもっとも低いといいましたが、注目すべきは空室率です。


石川県と岐阜県で比較すると空室率がもっとも低いです。人口が少ないからといってアパート経営が必ずしも儲からないという結論にはならない、という証明にもなるのではないでしょうか。  



アパート経営を福井県ではじめる際の強み

アパート経営を福井県ではじめる際の強み


福井県は人口も着工数も少なく、空室率も全国からみると決して低くないことがわかりました。 しかし、地域の特性の見極めと徹底した物件管理により、所有アパートの空室率を下げられる可能性があることも同時にわかりました。


ではアパート経営による福井県の強みを解説します!


  • 幸福度ランキング総合1位からくる安定した居住率
  • 物件数が少ない=差別化を図りやすい
  • 駅から遠くても高ニーズなアパート経営が実現可能



1.幸福度ランキング総合1位からくる安定した居住率


公式サイト:福井移住ナビ


福井県は、幸福度ランキングで総合1位の県。 学力や体力などの教育や正規雇用者率が高く、働く女性の人口比率が高い。またその環境が整っていることにより、定住率の高さがうかがえます。


もともと人口は少ないけれど、県外に流れる人は少ないです。転勤や移住者で知り合いがいない人のためには、県での交流会を設けています。 


Uターン移住者も年々増えており、一度外に出たからこそわかる福井県の魅力に気づいた人も。 子育て世代にとっては、子供がのびのび育てる環境に適しているという声もあがっています。  



2.物件数が少ない=差別化を図りやすい


着工数からみえるのは、物件が少ない=差別化を図りやすいという結論になります。 また大学から近いエリアは単身アパートも多いため、築年数が古いアパートでもリノベーションや、防犯対策を意識した設備を搭載すると入居率がアップ。


たとえば、従来のインターフォンをモニターつきインターフォンにするだけでも入居者は安心を覚えます。 そして福井県はマンションよりもアパートが多め。冬は積雪の心配もあるので、駐車場があるアパートは消雪パイプがあるとニーズが高まります。


また、ベランダにサンルームがあると雨や雪の日でも洗濯物が干せて便利。 土地に余裕があれば、雪かき用のスコップやタイヤなどを収納できる倉庫があると、入居者には非常に喜ばれるでしょう。  



3.駅から遠くても高ニーズなアパート経営が実現可能


都市圏などは駅から近い物件は需要が高いとされていますが、福井県は車を所持している人が多いため駅から遠くても物件に魅力があれば十分に需要はあります。


そのため駐車場の確保は必須といえます。しかし、学校やショッピングセンター・スーパーなどがアパートから遠ければ空室率が高くなる恐れは十分にあるでしょう。  



福井県でアパート経営をはじめる場合のポイント

福井県でアパート経営をはじめる場合のポイント


人口が少ない福井県でも、地域によって入居者層やニーズは大きく違います。 また、ワンルームタイプとファミリータイプも地域によって選択しなければいけません。



福井県内でアパート経営をはじめる際に注目すべき地域


福井県では福井市がもっとも人口が多く、アパートの需要も高めです。小中高の教育施設が豊富にあり、通学も比較的困難ではありません。 また福井駅は、2016年にバスターミナルが整備され、バスの乗降がスムーズになりました。


そのため、運行バスが停まるバス停近くに物件があれば入居率があがりやすくなります。 敦賀市は昔ながらの住宅街が多く、小中高はもちろん保育園・幼稚園も充実。 ファミリータイプのアパートは需要が高く、比較的空室率は低めです。


商店街やスーパーに近い物件は人気が高いでしょう。 ただ、バスの運行本数が少ないので、車を所有している入居者層をターゲットにしたアパートがいいでしょう。 越前市の駅周辺はオフィスが多く、飲食店も比較的充実しています。


 鯖江市や大野市は大きな事件もなく、治安がいい印象。開発も進んでいない地域なので空気や水がおいしいのが特徴です。 車移動は必須の場所でもあるので、駐車場の確保はもちろんバイパスに出やすいエリアがおすすめ。  



地域によりワンルームとファミリーを選択


幼稚園・保育園や小中高が集中している福井市や敦賀市などは、ファミリータイプの物件は需要が高いでしょう。 駐車場がなくても、近隣にスーパーやコンビニなどがあると、入居者に選ばれやすくなります


オフィス街であるエリアの物件は、単身赴任者などにむけたワンルームがオススメ。 宅配ボックスや浴室乾燥機など、男性目線からみた設備があるのも高ポイントです。 同じワンルームでも大学エリアの場合、そこから徒歩もしくは自転車で通学できるアパートが好まれます。


さらにひとり暮らしをさせる親御さんの心配を払拭するためにも、セキュリティ設備は充実させましょう。  



まとめ


都市部とは違い、不便な部分をすべてクリアにすることはむずかしいかもしれない福井県。 しかし、空室が出てしまうのは人口や立地の問題だけではありません。 物件の魅力を最大限に引き出す努力は、大家さんのアパート経営に対する情熱次第といっても過言ではないでしょう。


そこに住む人、アパートを借りたい人が望んでいるニーズを分析し、実現させる。 それが空室率を下げる一歩となります。

空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します