記事

大阪市のアパート経営に強いおすすめ会社10選!選びかたや大阪の特徴も学んで投資の失敗を防ごう



大阪府内でも人口が多い大阪市。公共施設や鉄道など、再開発がつねにおこなわれている地域のひとつです。 また2025年、大阪市此花区夢洲で大阪・関西万博が開催予定となり、さらに不動産投資家も注目しています。


アパート経営においても同じで、人の流入が見込めればそれだけ賃貸需要は高まります。 そこで「不動産事業をするなら失敗はしたくない。」そう考える大家さんに、「あぱたい」が大阪市で失敗しないアパート経営のポイントをご紹介。


おすすめの建築会社のほか、地域の特性から入居者層を割り出し、利回りの高いアパート経営をお手伝いします。


目次[非表示]

  1. 1.大阪市のアパート経営に強い会社10選
    1. 1.1.大手で安心感重視!アパート経営に強い有名な会社5選
      1. 1.1.1.1. 旭化成ホームズ株式会社
      2. 1.1.2.2. 株式会社MDI
      3. 1.1.3.3. 住友林業株式会社
      4. 1.1.4.4. 生和コーポレーション株式会社
      5. 1.1.5.5. ミサワホーム株式会社
    2. 1.2.地域密着型!地元のアパート経営に強い会社5選
      1. 1.2.1.1. 株式会社片岡工務店
      2. 1.2.2.2. 株式会社ZEROコンサルティング
      3. 1.2.3.3. 髙松建設株式会社
      4. 1.2.4.4. 株式会社ケーティアイ建設工業
      5. 1.2.5.5. 進和建設工業株式会社
  2. 2.アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた
    1. 2.1.1.大手企業のメリット・デメリット
    2. 2.2.2.地域密着型企業のメリット・デメリット
    3. 2.3.3.根拠のある提案をしてくれる
    4. 2.4.4.親身になって相談に乗ってくれる
    5. 2.5.5.希望する建築構造が得意かどうか
  3. 3.大阪市内でアパート経営は儲かるのか?
    1. 3.1.大阪市賃貸市場
    2. 3.2.大阪市と近隣の京都市と神戸市を比較
    3. 3.3.期待利回りの相場を紹介!ワンルームとファミリー向けで比較!
  4. 4.アパート経営を大阪市ではじめる際の強み
    1. 4.1.1.国内での大阪市内の商業地域は地価上昇率トップ
    2. 4.2.2.繁華街が多くあり、人が集まりやすい
    3. 4.3.3.公共鉄道の整備計画がさかん
  5. 5.大阪市でアパート経営をはじめる場合のポイント
    1. 5.1.大阪市内でアパート経営をはじめる際に注目すべき地域
      1. 5.1.1.浪速区 1K:6.5万円前後
      2. 5.1.2.中央区 1K:7万円前後
      3. 5.1.3.北区 1K:7万円前後
      4. 5.1.4.西区 1K:7万円前後
      5. 5.1.5.阿倍野区 2DK:14万円前後
      6. 5.1.6.天王寺区 2LDK:13万円前後
    2. 5.2.地域によりワンルームとファミリーを選択
  6. 6.まとめ



大阪市のアパート経営に強い会社10選

大阪のアパート経営に強い会社10選


大阪市内にはたくさんの建築会社が存在します。そのぶん、迷ってしまうのも正直なところではないでしょうか。 そのなかでも、厳選して大手と地域密着型の建築会社をご紹介。


今現在、どの建築会社にしようか悩んでる大家さんは必見です。



大手で安心感重視!アパート経営に強い有名な会社5選


1. 旭化成ホームズ株式会社


公式サイト: https://www.asahi-kasei.co.jp/maison/index.html/


60年耐用する躯体構造を強みとした商品、「ヘーベルメゾン」を提供している旭化成ホームズ。 自然災害の最新のデータを取り揃え、つねに進化し続ける商品を開発できるのは大手ならではです。


差別化をはかりたい大家さんにむけて、入居者同士のコミュニケーションを目的とした賃貸経営の商品も取り揃えています。


 

2. 株式会社MDI

MDI

公式サイト: https://www.mdi.co.jp/index.html


住んでみたくなる都市型賃貸住宅「LIVLI」の商品のほか、おもにアパートの施工が中心のMDI。 設立して10年ほどの若い企業ですが、全国各地に実績を残しています。 自社の徹底した管理システムで入居率は99.2%。


MDIのサブリースは、内装クロスを入居者自身が選べるシステムを導入。入居者目線での経営システムで高い入居率を実現させています。


 

3. 住友林業株式会社


公式サイト: https://sfc.jp/tochikatsu/


木の建材で歴史のある住友林業。 環境事業にも取り組むなど、社会的課題の解決にも力を入れています。 全国各地にタウンスクエア(借上げモデルルーム)があり、いつでも気軽に自社商品をみられるのが魅力。


経営・管理・仲介をそれぞれグループ会社で担っているので、一括でアパート経営をお任せできます。  



4. 生和コーポレーション株式会社


公式サイト: https://www.seiwa-stss.jp/


入居率98%の実績をもつ生和コーポレーション。 提案エリアは、安定した収益を見込める4大都市圏に特化しているので、大阪での賃貸経営でも万全のサポート力を発揮。 大家さんのイメージを、できる限りアパートに反映させる設計・施工力を強みとしています。  



5. ミサワホーム株式会社


公式サイト: http://www.misawa.co.jp/totikatuyo/


勝ち(価値)残る賃貸経営を掲げているミサワホーム。 子育て・シニア支援にむけたライフサポート、地域の人々へ愛される街づくりの視点で幅広い提案を実現。


シンプルながらもデザイン力にすぐれた建物を得意とし、定評があります。 外観で差別化をはかりたい大家さんにとっては心強い味方です。  



地域密着型!地元のアパート経営に強い会社5選


1. 株式会社片岡工務店


公式サイト: http://www.kataoka-koumuten.co.jp/


デザイン性の高いアパート施工を手掛けている片岡工務店。 入居率向上にむけての設計やサポートは地場ならでは。 関西地域に密着しており、地域特性の知識にすぐれています。


古民家再生にも定評がある会社ですので、既存の建物から相談に乗ってほしい大家さんは、ぜひ検討してみてください。  



2. 株式会社ZEROコンサルティング


公式サイト: http://zero-re.com


自社ブランドである「アレグリア」は、生活騒音をおさえるための遮音性の高い構造を採用。 おもに、シングルやカップル向けの生活動線を意識した間取りです。 にぎやかな繁華街でも、クオリティの高い間取りと設備で入居者の満足度を高めます。  



3. 髙松建設株式会社


公式サイト: https://www.takamatsu-const.co.jp/


アパートやマンションのみならず、高齢者施設や公共施設の実績もある髙松建設。 耐震や耐火にこだわった自社基準の建築方法は、長年のノウハウと信頼に値するデータをもとにつくられています。


さまざまな建物の実績がある企業は、アパート建築においても幅広い提案ができるのではないでしょうか。  



4. 株式会社ケーティアイ建設工業


公式サイト: https://kti-net.jp/


女性に好まれる外観の実績が多くある、ケーティアイ建設工業。 ツーバイフォー工法をおもにデザイナーズアパートの提案に長けており、建築コストの削減を実現しています。 物件ごとにオリジナルデザインで自由設計。大手にはない強みを凝縮したような企業です。  



5. 進和建設工業株式会社


公式サイト: http://www.e-shinwa.net/


こちらもデザイナーズアパートに定評のある進和建設工業。 マンションからアパートまで、地域密着型ならではの強みで市場調査のみならず、周辺の入居率も調査します。 また、太陽光発電によるアパートの差別化を推奨しています。 関心のある大家さんは相談の価値アリです。  



アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた

アパート経営で失敗しないための建築会社の選びかた


決して安い投資ではないアパート経営。利益を生み出すためにも、まずは建築会社の選びかたのポイントを把握しましょう。


まずは建築会社の大手と地域密着型、それぞれのメリット・デメリットです。



1.大手企業のメリット・デメリット


【メリット】

  • 社員の教育が整っておりムラがない
  • 社会的知名度も高いので安心感がある
  • 商品のラインナップが豊富で経営プランを選択しやすい
  • アフターメンテナンスが整っている
  • 耐震や耐火など災害による実験が随時おこなわれている


【デメリット】

  • オプションという追加料金がつきやすい
  • 都市部以外は地域特性の知識にムラがある
  • 管轄が多く問い合わせ先がわかりにくい



2.地域密着型企業のメリット・デメリット


【メリット】

  • 地場に強く地域特性の歴史に詳しい
  • 自由設計を採用している会社が多い
  • ローコストなど大家さんの予算に合わせた設計プランが可能
  • 大家さんのこまかい意見に寄り添ってくれる


【デメリット】

  • 心理的不安がある
  • 工期が延びるなど計画管理にムラがある
  • 施工実績が少ない会社は初心者大家さんにとってハードルが高い



3.根拠のある提案をしてくれる


アパート経営において、根拠のある提案は説得力があるうえ、アパート経営初心者の大家さんでも安心感が生まれます。 どんなアパート経営をしたいかは、大家さんによってさまざまですが、共通するのは「安定した収益をあげるアパート経営」ではないでしょうか。


数字や統計による客観的視点でのデータがあると、どんなアパート経営をしたいかが明確になり、余計な迷いがありません。  


4.親身になって相談に乗ってくれる


担当者の信頼は会社の信頼といっても過言ではありません。 専門知識の度合いもさることながら、人柄によっても大家さんの心情は大きく変わるものです。 アパート経営という大きな投資だからこそ、不安な気持ちを察知してくれる担当者は頼もしい存在。


わかりやすい言葉で説明してくれるのもポイント!「この人いいな」という気持ちが大切です。



5.希望する建築構造が得意かどうか


建築会社のすべてが、さまざまな構造の施工実績があるとは限りません。 アパートは木造・鉄骨が主流ですが、RC造の施工実績しかない会社は木造アパートを得意としません。


また間取りに関しても同様で、単身アパートを希望するなら1ルーム・1Kの施工実績が多い会社がいいでしょう。 そのため建築プランをたてる段階で、建築構造をしぼっておく必要があります。  



大阪市内でアパート経営は儲かるのか?

大阪市内でアパート経営は儲かるのか?


下図は都道府県人口統計から、大阪市の人口をランキング化したものです。 さっそくチェックしてみましょう。



参考:総務省統計局 都道府県別人口と人口増減率


47都道府県中、2位の神奈川県と僅差で大阪は3位。そして、大阪市の人口は大阪府全体の3割になります。 つぎに、都道府県全体の着工戸数をみてみましょう。



参考:【国土交通省】都道府県別着工数


着工戸数は、大阪市が大阪府全体のおよそ7割を占めています。 


しかし賃貸経営で重要なのは、全体の着工戸数よりもどれくらい賃貸需要があるかではないでしょうか。 つぎに大阪市をあわせた複数の市をピックアップし、人口増減率と空室率を一緒に照らし合わせてみましょう。



大阪市賃貸市場


参考:総務省統計局

参考:大阪市ホームページ


人口は大阪市が圧倒的に多いですが、人口がもっとも少ない茨木市が空室率は低い結果となっています。 着工戸数が比較的少ないという理由も考えられますが、空室率が高い原因は需要と供給のバランスが取れていない可能性もゼロではありません。  



大阪市と近隣の京都市と神戸市を比較

他県比較(大阪) 参考:大阪市ホームページ

参考:神戸市ホームページ

参考:京都市情報館


大阪市が人口数は多いものの、空室率はどの市も横ばい。 比例式で考えてみると、大阪市内でのアパート経営は戦略をもった事業なくしては、成功しないと考えてもいいでしょう。



期待利回りの相場を紹介!ワンルームとファミリー向けで比較!


下図は東京23区と大阪市で、間取りごとに比較した期待利回りをあらわしたものです。



出典:日本不動産研究所


期待利回り:不動産投資家が賃貸物件の購入価格に対するリターンを測る利回り 取引利回り:実際に不動産市場でいくらになったかの利回り


東京にくらべ、大阪市は期待利回りがどちらも高めの結果に。 人口でいえば圧倒的に東京が多いのですが、それだけで利回りが高くなるというわけではないようです。 大阪市で高利回りのアパート経営に近づけるためにはどうしたらいいのでしょうか。



アパート経営を大阪市ではじめる際の強み

アパート経営を大阪市ではじめる際の強み


不動産投資という視点から、人口が多ければ期待利回りが高いというわけではないのがわかりました。 利回りが高いアパート経営を実現させるためにも、収益があげられる根拠を明確にしていきます。


  • 国内で大阪市内の商業地域は地価上昇率トップ
  • 繁華街が多くあり、人が集まりやすい
  • 公共鉄道の整備計画がさかん


1.国内での大阪市内の商業地域は地価上昇率トップ


2019年3月に国土交通省から発表された公示地価によると、昨年比との上昇率がいちじるしい結果となっています。 下記図は地価上昇ランキング100位のうち、大阪市内での上位をまとめたものです。


ランキング (100位のうち)
地域(商業地)
上昇率
21位
中央区
+25%超
22位
北区大深町
+25%超
30位
心斎橋
+20.5
40位
北区梅田
+18.5

参考:国土交通省


上昇理由のひとつとしては、外国人観光客が増えた背景にあります。 そして、商業地域では店舗つきアパートも多く見受けられます。


賃貸経営による店舗は、比較的安定した収益が見込めるうえに家賃設定も高めにできます。


「あぱたい」の店舗付きアパートについての記事はこちら>>店舗付きアパート経営【メリットや4つのリスク】外せない留意点は?


さらに、地価が上昇するとアパート経営に大きな収益の可能性をもたらすだけでなく、売却も有利になるのです。 このように大阪市は、物件購入から売却まで不動産事業による収益が見込める地域といえます。  



2.繁華街が多くあり、人が集まりやすい


難波や心斎橋・道頓堀があるミナミや、梅田や北新地・西天満があるキタなど大阪市内には数多くの繁華街が存在します。 繁華街やビジネス街がある地域は、比較的若者が集まりやすくなり単身者も多め。


そのためマンションのみならず、低層のアパートにも十分な需要が見込めます。 しかし、それだけ需要があるということは競争率も激しくなりがち。



3.公共鉄道の整備計画がさかん


大阪の玄関口といわれている「グランフロント大阪」。 そこに隣接する大阪駅北地区再開発区域内では、JR東海道支線地下化と新駅(仮称:北梅田駅)の設置工事がおこなわれています。 さらに2031年の完成を目標とした、地下鉄なにわ筋線整備計画も進行中。


これらは関西国際空港へのアクセス改善、御堂筋線・乗換によるラッシュ時の混雑緩和などを目指した取り組みです。


国内のみならず、海外からもさらなる人が流れてくるであろうと予測されるので、アパートのみならず賃貸経営の将来性が高いとみていいでしょう。  



大阪市でアパート経営をはじめる場合のポイント

大阪市でアパート経営をはじめる場合のポイント


アパート経営における安定した収益を得るには、地域の特徴をとらえ入居者層に合う間取りの物件であるのが重要です。



大阪市内でアパート経営をはじめる際に注目すべき地域


大阪市内でアパート経営に適しているいくつかの地域をピックアップし、地域の特徴と駅徒歩5分以内・新築の家賃相場をご紹介します。


浪速区 1K:6.5万円前後

若者の街とも知られており、通天閣がある新世界などグルメ・観光スポットとしても有名。 繁華街としてカテゴライズされる地域なので、店舗や飲食店も豊富です。 マンションやアパート経営でおすすめの地域は、大国町駅・桜川駅などがあります。


スーパーが徒歩圏内に数件あり、コンビニ・飲食店・スーパー銭湯などもあって便利。繁華街の近くでありながら、落ち着いた雰囲気です。 しかしにぎやかな街のため、喧騒を懸念する入居者も。 そのため、窓や玄関ドアに防音対策を施したアパートは選ばれやすくなります。


騒音トラブルの種類や対処方法についての記事はこちら>>アパート経営者を悩ます騒音トラブル【この手があった】4つの解決方法


中央区 1K:7万円前後

難波・心斎橋をはじめ、繁華街としてにぎわいをみせる中央区。 ビジネス街としても知られており浪速区と同様、働き盛りの社会人や学生の割合が多め。 アパート経営でのおすすめの地域は、谷町六丁目駅。 駅近くにはスーパーが数件あり、個人商店・おしゃれなカフェ・雑貨店が多く存在しています。 比較的年齢層の幅も広めですが、ひとり暮らしの割合も高めです。 エリアによっては駅から坂道になっており、駐輪場や駐車場スペースが必要な物件も。  


北区 1K:7万円前後

繁華街の梅田や、ビジネス街の中之島がある北区。浪速区と同様、働き盛りの社会人や学生の割合が多め。 ショッピング・グルメ・エンターテイメント施設が豊富にあり、ひとり暮らしの割合が高めです。 満点駅や南森町駅は、梅田への移動が自転車でも可能な地域として知られているので需要が高くおすすめ。  


西区 1K:7万円前後

ひとり暮らしとファミリーが混在する西区。 繁華街ミナミと近いエリアですが、雰囲気はまったく違い、住宅街に適した落ち着きがあります。 さらに堀江や新町は、おしゃれスポットとしても人気です。 夜遅くまで営業している飲食店も少ないため、夜は静かな地域となります。  


阿倍野区 2DK:14万円前後

教育施設が多く集まる文教地区として有名な阿倍野区。 名門高校が多数あり、教育に力を入れたい世帯が多く住んでいます。 進学実績が高い学校は真面目な生徒が集まるぶん、荒れにくい傾向です。 そのため、安心して子供を通わせたい親御さんが多く集まるのです。 公園も適度にあり、子育てがしやすい環境が整っているので、小さいお子さんがいるファミリーにも人気。 おすすめエリアは、昭和町駅・西田辺駅など。  


天王寺区 2LDK:13万円前後

こちらも文教区として人気があり、比較的治安がいい地域です。 教育の選択肢が増えるのは、子育てファミリーにとってはいいことづくめ。 さらに液状化しにくい地盤として知られるため、災害に強い地域としても人気です。 おすすめエリアは天王寺駅周辺。こちらは、賃貸物件は多くありますがファミリーアパートは比較的少ないので、差別化をはかる意味でも穴場のエリアといえます。


 

地域によりワンルームとファミリーを選択

大阪市は繁華街と住宅街の境目が比較的わかりやすく、ファミリー向きかワンルーム向きかは、地区基準で判断しても差し支えありません。


ワンルーム:浪速区・中央区・北区・西区

ファミリー:阿倍野区・天王寺区


また若者が多い地域は、ふたり暮らしなどカップル向けの物件も注目です。  



まとめ


大阪市で、アパート経営を成功させるためのおさらいをしよう!


  • 建築会社で大手と地域密着型の特徴を理解する
  • 大阪市の強みをもとに、将来性がある地域を分析する
  • 地域の入居者層を把握する
  • 地域の特徴と、自身の事業計画を照らし合わせる


大阪市はこれからも再開発を繰り返し、まだまだ発展していく地域です。 今回は大阪市に焦点をあてましたが、大阪市のみならず大阪府全体で考えてみても、将来性が高い不動産投資として適している地域といえます。  



空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します