記事

インターネット回線導入で家賃アップ!?大家さんにおすすめのインターネット回線についてご紹介

スマートフォンの普及率が上がるなか、賃貸アパートやマンションのインターネット設備の有無は入居者にとって重要な選択肢のひとつとなっています。

なかでも、入居者が無料でインターネットを利用できる「インターネット無料」や「Wi-Fi無料」を導入している賃貸物件は入居者に選ばれやすく、空室対策につながるのです。


今回は、無料のWi-Fiやインターネット設備導入を検討する大家さんのために、無料になる仕組みや導入費用、導入する際に注意したいポイントを解説します。



目次[非表示]

  1. 1.Wi-Fi・インターネット無料は入居者に人気
  2. 2.Wi-Fi・インターネット無料の仕組み                                   
  3. 3.Wi-Fi・インターネットを導入するための基礎知識
    1. 3.1.Wi-Fi・インターネット無料を導入するための費用相場
    2. 3.2.Wi-Fi・インターネット無料の回線は2種類
  4. 4.Wi-Fi・インターネット業者を選ぶためのポイント
    1. 4.1.回線の種類は、物件の規模や建物の構造に合うものを選ぶ
    2. 4.2.回線速度は速いものを選ぶ
    3. 4.3.サポートの有無で選ぶポイント
    4. 4.4.費用面で選ぶポイント
  5. 5.家賃アップの期待値
  6. 6.アパートにインターネットを導入する際の大家さんの注意点
    1. 6.1.「インターネット利用可」や「インターネット対応」には要注意!
    2. 6.2.業者からの見積りはかならず取る
  7. 7.アパートへのインターネット導入を検討しよう



Wi-Fi・インターネット無料は入居者に人気


いまや、LINEなどのSNSやネット通販、スマホ決済サービス、動画視聴と日常生活に欠かせなくなったインターネット。


賃貸物件でもインターネット設備は、もはや必須と言っても過言ではありません。なかでも、とくに入居者に人気なのが「インターネット無料」の賃貸物件です。


出典:全国賃貸住宅新聞 「2020人気設備ランキング」


上記は「全国賃貸住宅新聞」が、賃貸仲介業者や不動産管理会社を対象におこなったアンケート「人気設備ランキング」の結果です。単身者向け・ファミリー向け賃貸物件ともに「インターネット無料」が5年連続で1位を獲得しました。


このことからも入居者の多くが、インターネット設備、とくにインターネット無料の物件を望んでいることがわかります。


インターネット無料が入居者に人気の理由は、自分でインターネット回線利用のためにプロバイダ(ネット業者)との契約をおこなう手間や時間を省けること、入居してすぐにインターネットに接続できること。そして、初期費用や月々のネット料金が不要になることです。


入居者にとってインターネット無料はメリットの多い設備です。今後は、賃貸物件の入居条件としてますます人気の設備になることが予想されます。


                                         

Wi-Fi・インターネット無料の仕組み                                   

入居者がインターネットやWi-Fiを無料で利用できる仕組みは、大家さんが物件すべての部屋のインターネットを一括で契約し、月々のネット料金を負担しているためです。本来は入居者がおこなうべき手続きや支払いを大家さんがすべておこなうことで、入居者は契約不要、初期費用や月々のネット料金無料でインターネットが利用できるのです。


技術的な仕組みについては、有線方式無線方式の2種類があります。

有線方式は、外からインターネット回線を建物内に引き込み、その後、各部屋にケーブルで分配する仕組みです。

無線方式は、インターネット回線を建物内に引き込んでから、敷地内に設置した無線ルーターを経由させて各部屋にWi-Fi電波を飛ばします。


どちらの仕組みも、1本のインターネット回線を各部屋に分配しているため、部屋ごとに回線を引き込む場合に比べて月々のネット使用料が安くなります。また、インターネット業者によっては、初期費用が無料になったり、IoT設備がオプションで選べたりといったお得なサービスを受けることも可能です。



Wi-Fi・インターネットを導入するための基礎知識

ここでは、Wi-Fi・インターネット無料を導入するための費用や回線の種類について紹介します。



Wi-Fi・インターネット無料を導入するための費用相場

インターネット回線の導入には「初期費用」として、建物に回線を引き込むための工事費用が必要です。さらに「有線方式」であれば、建物に引き込んだ回線を各部屋に分配する工事費用も必要となります。分配工事費用は部屋数やネット業者によって異なりますが、相場は30万円~120万円と言われています。


初期費用のほかには、月々のネット料金が発生します。また、保守点検費用がかかる場合も。こちらも部屋数やネット業者によって異なりますが、毎月1万円~4万円程度が相場となります。


費用対効果を考慮するなら、できるだけ費用をおさえることが重要です。初期費用が無料になるインターネット業者を選べば、費用を大幅に節約できるのでおすすめです。



Wi-Fi・インターネット無料の回線は2種類

・有線方式

外から建物に引き込んだインターネット回線を各部屋にLANケーブルをつないで分配する方法で、各部屋まで安定した回線をつなぐことが可能です。その際、室内工事が必要となりますが、物件に入居者がいる場合は在宅時に工事をおこなわせてもらう必要があるため、日程が合わないと工事完了まで時間がかかることもあります。


・無線方式

インターネット回線を建物内に引き込んでから敷地内に設置した無線ルーターを経由させてWi-Fi電波をとばすことで、各部屋でインターネットが使用できるようになります。各部屋の工事が不要なため、有線方式よりも工事日数がかかりません。

ただし、敷地内に設置したルーターからの距離やWi-Fi電波の状態によって電波が届きにくい部屋があったり、接続が切れてしまう場合もあります。また、木造以外の構造の建物以外では各部屋に電波が届かないこともあるため、必ず業者に確認をとりましょう。



Wi-Fi・インターネット業者を選ぶためのポイント


賃貸アパートやマンションにインターネット回線を導入するには、インターネット業者に工事等を依頼する必要があります。業者を選ぶ際には、回線種類や速度、費用など、いくつかチェックしたいポイントがあります。


回線の種類は、物件の規模や建物の構造に合うものを選ぶ

上にも書いたように、回線の種類は有線方式と無線方式の2種類がありますが、工事期間や接続状況など、どちらにも一長一短があります。所有する物件にとって、どちらが向いているか、まずは業者に相談するとよいでしょう。


回線速度は速いものを選ぶ

せっかく空室対策として無料のWi-Fi・インターネット設備を導入しても、通信速度が遅くては入居者をがっかりさせてしまうだけでなく、最悪、退去につながる可能性も考えられます。そのため、ある程度は入居者が快適にインターネットを使用できる速度を維持できる回線を選ぶことが大事です。最低でも「動画視聴がスムーズにできる」速度である10~30 Mbpsは欲しいところ。


インターネット業者にもよりますが、建物に引き込むインターネット回線の速度は1Gbpsのものが利用されます。この1Gbpsを賃貸物件の戸数で共有するため、たとえば8戸なら1戸あたりの速度は120Mbps。

ただし、一般的に表示されるインターネット回線速度は「ベストエフォート」という理論上の最大速度なため、実際の速度はベストエフォートの1/10くらいと言われています。上記の1戸あたり120Mbpsであれば、実際には12Mbps。それでも動画視聴には十分な速度です。


空室対策や収益アップのために無料インターネットを導入するのであれば、入居者が快適に利用できる速度であるか、業者にしっかり確認したうえ導入を検討しましょう。



サポートの有無で選ぶポイント


こちらも業者によってサポート内容が異なります。24時間365日いつでも連絡できるサポート窓口があったり、定期的に機材点検をおこなったり、条件によっては解約時に初期費用を全額返金するシステムがある業者もいます。


おすすめなのは、インターネットがつながらないなどのトラブルが発生した場合、すぐに対応してくれるサポートがある業者です。インターネットが使用できない時間が長くなれば入居者は非常に不満に思うはずです。業者を選ぶ際には、入居者の満足度を念頭におき、どんなサポートを受けられるのか確認するとよいでしょう。



費用面で選ぶポイント

上にも書いたように、有線方式の工事費用相場は30万円~120万円、月々の利用料は1万円~4万円ほどになります。相場にもかなりの幅があるので、内容を比較するためにも、複数の業者から見積もりを取ることは欠かせません。希望する回線の種類や速度、サポートの有無によって業者を絞ったうえで見積りを取り、費用対効果なども考慮したうえで検討することをおすすめします。



家賃アップの期待値


人気の設備で空室対策にもなるWi-Fi・インターネット無料の設備は、家賃額のアップも期待できます。と言っても、あまりにも高額の賃料値上げは逆効果になることもあるため注意が必要です。もともとの家賃額にもよりますが、インターネット無料を必要としない人にとっては、周辺の家賃相場からみて「高い」と判断されてしまう可能性は十分考えられます。


賃料アップは可能ですが、その場合は周辺の家賃相場と相談しながら2千円~3千円程度の上昇を検討するとよいでしょう。


とはいえ、冒頭にも書いたようにインターネットを日常的に利用している人は圧倒的に多く、「人気設備ランキング」の結果からもインターネット無料の需要は高いことがわかります。今後さらに入居者に求められる設備として費用対効果の面からみても、空室対策つながることは十分に期待できるでしょう。



アパートにインターネットを導入する際の大家さんの注意点


「賃貸物件にWi-Fi・インターネット無料を導入しよう! 」と決めた大家さんに、導入するまえに、ふたつだけ注意点をお知らせします。



「インターネット利用可」や「インターネット対応」には要注意!

「Wi-Fi・インターネット無料」とよく混同されやすいのが、「インターネット利用可」や「インターネット対応」などです。


インターネット利用可・対応とは、建物自体にインターネット回線は引かれているが、入居者がインターネットを利用するには個別にプロバイダと契約をおこない、初期費用や毎月のネット料金も入居者が支払います。インターネット利用可・対応は、Wi-Fi・インターネット無料とは別のサービス内容になるため、契約時には間違えないよう注意が必要です。


業者からの見積りはかならず取る

ここまで書いてきたように、Wi-Fi無料やインターネット無料を取り扱う業者の数は多く、またそのサービス内容もさまざまです。そのなかから、たった1社を選ぶのは非常にむずかしいでしょう。それだけに、業者からの見積りはかならず取り、複数社で比較検討は必須です。



アパートへのインターネット導入を検討しよう

インターネットの利用者が増え続けるなか、入居者に人気の「Wi-Fi無料」や「インターネット無料」の設備について、回線の種類や費用相場、導入時の注意点をご紹介しました。

Wi-Fi・インターネット無料の設備は空室対策につながり、うまくいけば家賃アップできる可能性もあります。


また、業者を選ぶ際には費用対効果を考慮したうえで、初期費用や毎月のネット料金をおさえることが重要です。

無料インターネット設備の「アイネット」では、初期費用無料、24時間365日監視サポートに対応しています。インターネット無料設備の導入の際は、ぜひご検討ください。


マンション・アパートの空室対策やIOT設備なら無料インターネット設備のアイネットへはこちら!!>>https://ainet.life/lp



空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します