記事

「フレッツ光全戸加入プラン」とは?大家さんが利用できるプロバイダはたった3社のみ

「今度フレッツ光全戸加入プランを導入しようと思っているんだけど、じつはフレッツ光とプロバイダってなにが違うのか、よくわかってないんだよね」


多くの大家さんは、大なり小なりこんな感じなのではないでしょうか。


フレッツ光導入時に一番トラブルを起こしやすいのが、プロバイダ関連であるといわれています。せっかく無料インターネットを導入するのですから、トラブルは極力なくしたいですよね。


今回こちらの記事では、フレッツ光の基礎的な内容やフレッツ光で利用できるプロバイダなど、大家ならぜひ知っておくべき内容を詳しく解説していきます。


目次[非表示]

  1. 1.「フレッツ光全戸加入プラン」とは?
    1. 1.1.「フレッツ光全戸加入プラン」について
    2. 1.2.ひかり配線方式(専有型)の特長
    3. 1.3.そもそも「フレッツ光」と「プロバイダ」って、なにが違うの?
    4. 1.4.現在利用しているプロバイダはつかえないって本当?
    5. 1.5.初期費用・通信速度など、フレッツ光の概要を知っておこう
  2. 2.「フレッツ光全戸加入プラン」のメリット
  3. 3.利用できるプロバイダは「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」の3社のみ
    1. 3.1.入居者がプロバイダと契約するのはどんなとき?
    2. 3.2.「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」を比較検証
    3. 3.3.プロバイダ契約で入居者とのトラブルにならないために
  4. 4.まとめ

「フレッツ光全戸加入プラン」とは?

「フレッツ光全戸加入プラン」とは?         

フレッツ光全戸加入プランで利用できるプロバイダについて詳しく説明する前に、まずはフレッツ光全戸加入プランが、どういったしくみなのかを明確にしましょう。 


「フレッツ光全戸加入プラン」について


フレッツ光の全戸加入プランとは、「ひかり配線方式」で全戸へNTT西日本の光回線を配線・供給するサービスです。


具体的にはNTTが提供している光インターネット「フレッツ光ネクスト マンションタイプ」を建物の全世帯に全戸一括で提供する光インターネットサービスです。


ひかり配線方式(専有型)で全戸に安定したインターネットを提供しており、6戸以上の集合住宅が対象となります。


  「フレッツ光 全戸加入プラン」とは?|6戸以上のマンションオーナー・管理会社・デベロッパー向け 「フレッツ光 全戸加入プラン」のご案内|フレッツ光公式|NTT西日本 「フレッツ光 全戸加入プラン」の配線方式などを解説、「フレッツ光 全戸加入プラン」のご案内。 https://flets-w.com/biz/zenko/about/

引用元:NTT西日本公式サイト


パソコンやスマートフォンの普及率に伴ってインターネットが「当たり前」になっている現在、マンション、集合住宅の物件に全戸に導入することができる便利なサービスです。


通常のフレッツ光マンションタイプはインターネット利用希望の各入居者がNTTと直接契約をしますが、全戸加入プランは大家さんや管理会社がNTTと直接契約し、「フレッツ光 インターネット無料物件」として入居者へ提供できます。


ひかり配線方式(専有型)の特長


ひかり配線方式(専有型)の特長は、主に2つあります。


・すべての各住居まで、1本ずつ光回線を引き込む。

・各住居に安定したインターネット環境を供給。

  「フレッツ光 全戸加入プラン」とは?|6戸以上のマンションオーナー・管理会社・デベロッパー向け 「フレッツ光 全戸加入プラン」のご案内|フレッツ光公式|NTT西日本 「フレッツ光 全戸加入プラン」の配線方式などを解説、「フレッツ光 全戸加入プラン」のご案内。 https://flets-w.com/biz/zenko/about/


引用元:NTT西日本公式サイト


集合住宅に引いた光回線を、すべての各住居まで引き込むので、安定したインターネット環境を供給できます。


通信速度は、最大1Gbpsの高速回線です。


各部屋には、回線終端装置という機材が設置されています。

入居者は、この機材に接続するだけですぐにインターネットを利用することが可能です。

面倒な手続きや設定をすることなく、入居後すぐにインターネットを利用できるので、とても便利です。


他の配線方式とは、異なり、同時に利用している人が多ければ多いほど速度が低下するということはありません。


そもそも「フレッツ光」と「プロバイダ」って、なにが違うの?

画像引用:NTTコミュニケーションズ プロバイダー(ISP)の役割


フレッツ光とは、NTTが提供する光ファイバーの高速インターネット回線です。NTT以外にもKDDI「auひかり」などいくつか回線業者がありますが、インターネットを利用するには、必ずどこかのインターネット回線と契約する必要があります。


ところがインターネットを利用するためには、回線以外にも、プロバイダと呼ばれる「インターネット接続業者」と契約をしなくてはなりません


 個人でフレッツ光を申し込んだ場合は、プロバイダも個人で契約します。しかし全戸加入プランでは、大家が一括でプロバイダと契約するのが一般的です。


コストなどの理由から大家が契約しない場合もありますが、トラブル回避の意味からいっても、大家が一括でプロバイダと契約するのがベストなのは間違いありません。  

現在利用しているプロバイダはつかえないって本当?

前述のとおり、全戸加入プランでは大家が一括でプロバイダと契約することが多いです。全戸加入プランが導入されれば、当然大家が契約したプロバイダを利用しなくてはいけません。


ただし、のちほど詳しく解説しますが、例外として別のプロバイダを利用できるケースもあります。

初期費用・通信速度など、フレッツ光の概要を知っておこう

ここではフレッツ光の基本的な情報をまとめておきます。


初期費用
15,800円×戸数 (契約料含む)
月額料金
3,050円〜4,050円×契約数 (16契約〜4契約)
通信速度
フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps) フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)

※個人向けフレッツ光のデータを利用


フレッツ光全戸加入プランは、入居者確保を目的としているため、利用料金などを入居者の代理として大家が一括で支払うしくみになっています。 全戸加入プランで発生する正確な金額は個別見積もりとなっているため、参考までに個人向けプランのデータをまとめておきました。


全戸加入プランの費用が個人向けプランよりも高いことはありませんから、おおよその目安として事前にしっかりと準備しておきましょう。


また通信速度は、「200Mbpsと1Gbps」2種類からの選択制度。通常の使用であれば200 Mbpsでも速度は十分ですが、同時使用なども考慮して「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(1Gbps)」をおすすめします。


「フレッツ光全戸加入プラン」のメリット


高速・高品質なフレッツ光が安く使える



フレッツ光 全戸加入プランを所有物件へ導入すると、フレッツ光のインターネットが、高速通信で安く利用できる点が、一番のメリットです。


通常、入居者が個人でフレッツ光のマンションタイプに加入すると、世帯数や設備・プロバイダにより異なりますが、約3,500~5,500円程度かかります。


例えば、入居途中から、「フレッツ光 全戸加入プラン」が導入された場合、個人で支払っている約3,500~5,500円が浮きます。

その代わり、管理費が月2,000円程かかりますが、毎月の利用料より1,500円~3,500円程安く済みます。

1か月単位で見ると、あまり費用は変わらないように思えますが、1年、2年と年単位に換算すると、1年あたり42,000円~66,000円かかるところ、フレッツ光全戸加入プランだと、24,000円で済みます。


入居者が個人で「フレッツ光のマンションタイプ」を契約しており、「フレッツ光 全戸加入プラン」へ変更する場合は、回線の工事費用残額と解約手数料はかからずに変更可能です。


利用できるプロバイダは「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」の3社のみ

利用できるプロバイダは「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」の3社のみ

「@nifty」や「BIGLOBE」「DTI」など、よく名前を聞くプロバイダはたくさんあります。しかし、全戸加入プランで大家が利用できるのは、現時点で「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」の3社だけです。


この3つのプロバイダについては、のちほど詳しく比較検証していきます。

入居者がプロバイダと契約するのはどんなとき?

全戸加入プランでは、大家がプロバイダと全戸分一括で契約し、料金も払います。ただ例外として下記の場合は、入居者が直接プロバイダと契約しても問題ありません。


  • 大家がプロバイダ契約をしていない場合
  • 速度が遅いなどの理由で、入居者が個人で別なプロバイダに変更する場合


どちらの場合も入居者が料金を支払うことになりますので、対応がまずいとトラブルに発展する可能性があります。まずは事前にしっかりと告知をおこないましょう。


入居者の満足度をあげるという意味では、やはりプロバイダ契約は、大家が一括でおこないたいところです。


また速度が遅くて変更する場合は、大家がプロバイダ料金を負担する必要もあるかもしれません。


速度が遅い原因についてもっと詳しく知りたいかたはこちら

>>フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?賢い大家なら知っている「3つの原因と対策」とは 

  フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?賢い大家なら知っている「3つの原因と対策」とは | アパート経営と空室対策の賃貸専門サイト【あぱたい】 フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いという話をよく耳にします。無料インターネットを導入した大家さんが後悔することのないように、今回ネット無料業者「アイネット」が、適切な速度・自分で速度を計測する方法・トラブルの原因と対策について詳しく解説します。 アパート経営と空室対策の賃貸専門サイト【あぱたい】


「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」を比較検証


ぷらら
ASAHIネット
WAKWAK
プロバイダ月額利用料
660〜880円
700円
880円
月額料金(NTTに支払い)
3,355円〜4,455円
2,950〜3,950円
3,575〜4,675円
初期費用 (NTTに支払い)
15,000円×戸数
15,000円×戸数
15,000円×戸数
通信速度
ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps) マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps) マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps) マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
IPv6対応(IPoE)

※各数値はホームページより抜粋

参考:ぷらら光メイト with フレッツ WAKWAK光 with フレッツII マンション(東日本エリア)


便宜上、月額料金や初期費用なども記載してありますが、これらはNTTに支払う金額です。プロバイダ料金はどれも1,000円以下であり、費用的な面で大きな差はありませんでした。


速度改善が期待できる「IPv6」にも、すべてのプロバイダが対応可能。正直なところ、どこを選んでも大きく失敗することはないと思われますが、なかには特定のプロバイダに対して、「アクセスが集中する。夜間に若干速度が遅くなる」といった口コミもみられます。


あくまでも参考としてですが、いろいろな口コミサイトをチェックしてみるのも、悪くない方法ではないでしょうか。 

プロバイダ契約で入居者とのトラブルにならないために

プロバイダ契約でトラブルにならないための基本的な方針としては、入居者に金銭的負担をかけないことに尽きるでしょう。


無料インターネットを謳っておきながら、プロバイダ料金は入居者負担となれば、入居者になんらかの不満を残してしまうのは間違いありません。


それではせっかく導入した全戸加入プランの意味が薄れてしまいます。下記のポイントに気をつけながら、計画を進めていきましょう。


  • フレッツ光だけでなく、プロバイダも大家が契約する
  • 速度が遅い場合には、IPv6への変更を素早くおこなう
  • 既存の物件に全戸加入プランを導入する場合、事前に周知徹底のうえ、計画を進める
  • 速度の問題などにより入居者がプロバイダと契約するときは、金銭負担も考慮する


まとめ

無料インターネットを利用するには、フレッツ光全戸加入プラン以外に必ずプロバイダとも契約しなくてはなりません。


特別な理由で入居者が個別に契約する場合を除き、全戸加入プランで利用できるプロバイダは、「ぷらら」「ASAHIネット」「WAKWAK」の3社のみ。


通常は、全戸加入プラン・プロバイダの両方を大家が全入居者分を一括で契約し、支払いもおこないます。


トラブル防止のためには、「入居者へ金銭負担をかけないこと」を心がけてください。

空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します