記事

フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?賢い大家なら知っている「3つの原因と対策」とは



「フレッツ光全戸加入プランは速度が遅いって聞くけど大丈夫かな」 たしかに、せっかく無料インターネットを導入しても遅くてトラブルになるようでは意味がありませんよね。


今回は、

  • 無料インターネットに必要な速度の目安
  • 自分で速度をチェックする方法
  • 実際に速度が遅かった場合の原因と対策

などについてご紹介していきます。


速度に不安があり、フレッツ光全戸加入プラン導入をためらっている大家さんは必見です。





目次[非表示]

  1. 1.フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?
    1. 1.1.「ひかり配線方式」と「そのほかの方式」では速度に違いはあるの?
    2. 1.2.入居者から不満が出ない光回線の速度
    3. 1.3.自分でフレッツ光の速度を測る方法
  2. 2.フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いときはどうしたらいいの?3つの原因と対策とは
    1. 2.1.① ハイスピードタイプでは、そもそも速度が足りない
    2. 2.2.② 光回線かプロバイダに問題がある
    3. 2.3.③ フレッツ光全戸加入プランではなく、PCやケーブルなど入居者がわに問題がある
  3. 3.まとめ



フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?

フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いって本当?  


ネット上でフレッツ光全戸加入プランは遅いなどと聞けば、不安になるのは無理もありません。


せっかく導入する無料インターネットで入居者から不満が出ないようにするには、まずはフレッツ光全戸加入プランの速度についてしっかりと理解しておきましょう。



「ひかり配線方式」と「そのほかの方式」では速度に違いはあるの?


画像引用:NTT東日本 フレッツ 光ネクスト マンション全戸加入プラン 建築済み物件の場合


フレッツ光全戸加入プランに用いられる「ひかり配線方式」は、上右図のように共用部まで引き込まれていた光回線から分岐をして、各戸まで光ファイバーを配線する方法です。


そのほかの方式として、共用部の光回線以降にLANケーブルを使用する「LAN方式」と、一般電話線を用いる「VDSL方式」があります。 古い建物で施工ができないなどの理由がない限り、もっとも速度の速い光ファイバーで配線するのが一般的です。


ところが、1Gbps対応のLANケーブルをつかえばLAN方式でも、ひかり配線方式とまったく同じ速度が出せます


実際「アイネット」のようなネット無料業者は、1Gbps対応のLANケーブルを採用していますから、全戸加入プランと速度の差はまったくありません。





入居者から不満が出ない光回線の速度

光回線の速度が遅いかどうかを判断するため、まずインターネットを快適に利用するためにはどのくらいの速度が必要なのかを知っておきましょう


必要な速度は環境によって多少変わってきますが、おおよそ下記の速度をクリアーできれば、ストレスなくインターネットを利用できるはずです。


項目
速度
メール
200Kbps
Webサイト閲覧
10〜30Mbps
YouTube動画視聴
30〜100Mbps
オンラインゲーム
100Mbps〜

参考:DTI インターネット接続サービスの基礎知識


仮に10戸のアパートで、3戸でオンラインゲームをやり、7戸がYouTubeをみていたとしましょう。合計でも500Mbpsあれば間に合いますので、1Gbpsの速度に対応していれば、理論上はまったく問題ありません。  



自分でフレッツ光の速度を測る方法


画像引用:RBB SPEED TEST


速度が遅いといっても、体感的に遅く感じるというだけでは、どういった対処法が適切なのか判断できません。


幸いなことに、今は自分で簡単にインターネットの速度を計測できるソフト(アプリ)がたくさんあります。 いくつかおすすめのソフトをご紹介しますので、ぜひ一度きちんと計測してみてください。


FAST.com

定額動画サイト「NETFLIX」が提供するサイト。アクセスするだけで自動的に速度が計測されるので、ネット関係に詳しくない人にもおすすめです。


NURO オリジナル通信速度測定システム

光回線業者「NURO光」の速度測定サイトです。NUROユーザー以外でも問題なく利用できますし、操作も簡単。


RBB SPEED TEST

ニュースサイト「RBB TODAY」 が運営する速度測定サイト。入力事項が前ふたつのサイトよりも多少多いのですが、県ごとの速度平均値などもわかります。自分のインターネット環境を客観的に分析できるのでおすすめです。


NTTに速度の相談をする場合でも、測定したデータを伝えたほうがよりスムーズに対応してもらえます。どのサイトでもいいので、まずは自己物件のネット速度を正確に把握しておきましょう



フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いときはどうしたらいいの?3つの原因と対策とは

フレッツ光全戸加入プランの速度が遅いときはどうしたらいいの?3つの原因と対策とは


理論上、1Gbpsの速度に対応できるフレッツ光全戸加入プランならば、本来問題になるほど速度は遅くないはずです。しかし実際に遅くてクレームが出ることはあります。


こういう場合は、どのように対応したらいいのでしょうか。 迅速に問題を解決できるように、これから速度遅延の原因と対策を3つに絞って解説していきます。



① ハイスピードタイプでは、そもそも速度が足りない

フレッツ光全戸加入プランは選択制になっていて、前述の1Gbpsのほかに、200Mbpsも選べます。現在200Mbpsで契約しているのならば、もしかするとそもそも契約速度が足りていないのかもしれません。 すぐに1Gbps対応「ギガマンション・スマートタイプ」へ契約を変更してみましょう。





② 光回線かプロバイダに問題がある

ギガマンション・スマートタイプで契約しているのにそれでも遅いという場合は、光回線、もしくはプロバイダに問題があることも考えられます。


現在の速度を計測してから、NTTとプロバイダに問い合わせてみてください。 もし供給がわに異常がない場合は、接続方法の契約変更を試してみましょう。


現在IPv4で接続しているのであれば、IPv6(IPoE)に変更すると速度が劇的に改善する可能性があります


また速度改善のため、入居者が独自にプロバイダを変更することも考えられます。もしプロバイダ変更で速度が改善された場合、プロバイダ料金を大家が負担することも考えたほうがいいかもしれません。





③ フレッツ光全戸加入プランではなく、PCやケーブルなど入居者がわに問題がある

意外に見落としがちですが、NTTやプロバイダへ連絡する前に、まずは入居者に使用中の機材類を確認してもらいましょう。


一番ありがちなのが、100Mbps対応「カテゴリー5」のLANケーブルを使用しているケースです。LANケーブルは、適正速度によってカテゴリーが決められています。できれば10 Gbps対応「カテゴリー7」以上のケーブルに変更してもらってください。


またハイスピードタイプには、ルーターが貸与されません。もしかすると自分で購入する際に、値段を重視してスペックの低いルーターを選んでしまった可能性も


NTT西日本では、光回線を利用する場合、最低でも「11n」(600Mbps)以降の規格に対応しているルーターをすすめています。





まとめ

フレッツ光全戸加入プランは遅いといわれることがあります。トラブル回避のためにも、大家は自己物件の配線方式や適正な速度を、きちんと把握しておきたいものです。


また、より正確な対応を引き出すためにも、業者へ問い合わせる前に自分でインターネットの速度を計測しておきましょう。


インターネットの速度問題は、入居者とのトラブルに発展しがちです。下記の対策を素早くとり、トラブルを回避してください。


  • 200Mbpsから1Gbpsに、契約タイプを見なおす
  • NTT・プロバイダへ迅速に問い合わせ。入居者がプロバイダを変更した場合には、料金を支援することも有効
  • 入居者が使用する機材の規格が適正か、チェックしてもらう


空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します