記事

宅内工事不要で導入可能な最新IPインターフォン「Comelit」の魅力とは


今回インタビューさせていただいたのは、マンション・アパートに導入が進んでいる最新のIPインターフォンを提供する株式会社ナカヨです。


現在同社が扱っている世界シェア第3位のIPインターフォンである「Comelit」の機能や利便性について聞いてきました。


IPインターフォンとは?


IPネットワーク対応インターホンとは、IPネットワークとLANを活用したインターホンシステムのこと。IPネットワークとは拠点間をネットワークで相互に構築したインターネットの一種です。


従来のインターホンはアナログ線を利用した限定的なもので、同一の敷地内でのみ利用するものです。その点、IPネットワーク対応インターホンは開かれた通信網(IPネットワーク)に接続することで、”より広く・より遠く・より柔軟”に活用できます。


なかなかコストが高く導入できないと感じている方も、今導入を検討中の方にもわかりやすくインタビューをしてきましたので、是非一度ご覧ください。

参照:https://office110.jp/lan/knowledge/interphone/interphone-ip/


このような方にオススメのインタビューです!

------------------------------------------------------------

「スマホでインターフォンに出れる物件にしたい」

「宅内工事なしでインターフォンを導入したい」

「高品質低価格のインターフォンを知りたい」

------------------------------------------------------------


ナカヨの公式サイトはこちら



それでは早速、「株式会社ナカヨ」へのインタビュースタート!!


左から営業開発グループの渡様、青木様



Q1. まず初めに、Comelitを扱い始めたきっかけについて簡単に教えていただけますか?


Comelitはイタリア製で世界第3位のシェアを誇るIPインターフォンです。欧州のみならず、東南アジアやアメリカでも高級コンドミニアムなどに幅広く導入されているブランドです。


当時の日本のインターホン市場は既存の国内メーカー製品により9割以上のシェアを占められており、例え世界第3位のシェアを持つといっても、なかなか海外製の製品が国内市場に参入することが難しい状況でした。


そこでComelit Groupが取った戦略は、自社製ビジネスフォンで国内市場シェア30%強の実績を持つナカヨとの本格的な協業でした。


ナカヨ技術部門、品質管理部門との連携により、1年半の準備期間を経て2017年春にようやく本格販売をスタートするに至りました。更にこのナカヨとの協業により、ナカヨの持つ厳しい品質検査体制や、全国販売ネットワークによる充実したサポート体制等も活用することができるようになり、”海外製品”に対するお客様の不安を払拭することに成功しました。


Comelitの機能や価格は大家さんにとっても、入居者様に満足いただけると感じているため、より多くの方に手に取っていただきたいです。



Q2. IPインターフォン「Comelit」の導入メリットはどこだと思いますか?


Comelitのメリットは大きくつあると考えています。


①つ目は外出先でもインターフォンに出ることができることです。


これまでのインターフォン機器では自宅にいないと、来客に対応することができませんでした。


しかし、ComelitではIPネットワークを利用しているため、スマートフォンでインターフォンからの問い合わせに返答することが可能です。


そのため、もしも外出時に荷物が届いてしまった場合には、外出先から集合玄関を開錠して、自宅玄関前に荷物を置いてもらうなどのコミュニケーションが可能になります。


更に、コメリットのスマートフォン連携は、データ通信によって通話を実現しているので、既存の日本メーカー品とは異なり、外出時のご利用でも別途キャリア契約による追加コストが掛かりません。





②つ目は宅内工事が不要でコストを抑えて導入できる点です。

これまで、インターフォンを導入する際には、集合玄関と各部屋内にそれぞれ機器を導入する必要がありました。


その結果、導入する大家さんにとって、工事日程を入居者様と調整する時間的なコストや、金銭的な負担がインターフォン導入の大きなネックになっていました。


しかしComelitは、集合玄関の機器と入居者様のスマートフォンがあればインターフォンとしてすぐに活用いただくことが可能です。


そのため、各部屋に機器を設置する工事が不要となり、物件にお住みの入居者様と面倒な工事日程調整を行なっていただく必要がありません。


入居者様はComelit導入後にお持ちのスマートフォンで3分ほど設定をしていただければ、すぐにスマートフォンで来客対応をすることができます。


また、各部屋に設置する機器がないことで、これまでかかっていた高額の機器代金を一切かけずにインターフォンを導入することが可能です。





③つ目はサーバーレスで安心してご利用いただける点です。


現在、海外製のインターフォンと聞くと、サーバーからデータを取られているのではないかという心配の声をよく聞きます。


Comelitでは従来のサーバー機能がソフト化されて本体機器に組み込まれており、サーバーを利用せずにご利用いただけるため、セキュリティや個人情報に敏感な方々にとっても安心してご利用いただくことができます。



Q3. 他社製品と比べた時にどういったところが優れていますか?


他社との違いは大きく、「機能」と「品質」という2つのポイントであると思います。


機能の違い

国内では各部屋の機器が不要でスマートフォンで対応できるブランドは「Comelit」しかありません。


日本メーカーではインターフォン導入に際して、各部屋に機器が必要なケースがほとんどです。大家さんが安価にスマートフォンで対応できるインターフォンを導入したいと思った場合でも、部屋に機器を設置した上でオプションとしてスマートフォン連携できる機能を申し込むしかありません。


機器設置が不要ということは、その分導入のコストが減るということなので大家さんに取って導入するにあたり大きなメリットだと思います。



品質の違い

また、Comelitはナカヨが全て品質をチェックした上で提供しております。海外製品の品質に心配がある方も安心してご利用いただけると思います。


他の会社様では輸入した製品を単に販売しているケースが多いですが、その場合不具合があった際や大家さんが質問をしたい場合の対応がおろそかになる可能性があります。


一方、Comelitの場合には、導入いただいたお客様へのアフターサポートをナカヨが責任を持って対応しております。平日9-17時でサポート窓口を運営しているため、導入後にトラブルが発生した際にもしっかりとサポートさせていただきます。


メーカーが品質保証からアフターサポートまで対応している製品は現在Comelitしかありません。




Q4. 現在どれぐらいの物件に導入されているのですか?


現在は約300棟、部屋数で計算すると約3000戸ほどに導入されています。


販売をスタートした2017年から2年間ほどはお問い合わせ数も極めて少ない状況でしたが、そこから地道に営業活動やプロモーションを継続した結果、現在では毎週コンスタントに複数件のお問い合わせを頂けるようになりました。


また、徐々に問い合わせの内容も変わってきています。


これまでは新しいサービスに興味を持った人が、どんな機能があるのかなどを聞きたいだけの問い合わせが多かったのですが、今は、具体的に導入の費用な導入の流れなど実際に導入するステップを聞いてくださるお客様が増えて来たと思います。



IPインターフォンの利便性に多くの大家さんや入居者さんが気づいてきたこと、また、スマートフォンの保有率がほぼ90%を超えたことを背景に今後の集合住宅には当たり前の設備になっていくと思います。

参照:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20210524-00237108



Q5. なぜこれまでこのような便利なサービスが広がって来なかったのですか?


これまでの既存製品の存在と中間の施工会社への理解促進に時間を要したことが理由だと考えています。


機能や価格を見れば、Comelitは既存の他社製品よりも圧倒的に優れていると思います。各部屋に機器が不要でコストを減らせる点や、アフターサポートの内容でもエンドユーザーのことを考えればComelitを導入するメリットは大きいです。


しかし、工事を担当する会社にとっては新しい製品の導入方法を新しく覚えることは面倒だったり、手間と感じたのか前向きに協力してくださる企業はわずかでした。


それもこれまでの既存製品が多くのシェアを持っていたことが背景だと考えています。


地道な販促活動を経て、今でこそ入居者や大家さんからの人気が出て来たので、施工会社様も問い合わせてくれるようになりましたが、当時は全く興味を持ってもらえませんでした。


当時から入居者様と大家様にとって一番利便性が高いと思える製品を信じて提案し続けて来た結果がやっと出てきた時期ですので、引き続きエンドユーザー様の利便性を一番に考えていきたいと思います。




Q6. 今後予定している新しい取り組みや施策などありますか?


今後は集合玄関に設置する機器のカラーバリエーションを増やしていく予定です。


Comelitはイタリア製のブランドのため、デザイン製が高く、他社製品よりもスタイリッシュな外観になっています。


過去に新築のマンションでIPインターフォンを導入を検討しているという問い合わせがあった際には、他社製品のデザイン性がマンションの雰囲気に合わなかったことに困っていたお客様に対してComelitを提案したところすぐに導入が決まった事例があります。


入居者様が毎日過ごされる住環境を少しでも魅力的なものにするため、デザイン面でもより多くの物件に対応できるようバリエーションを増やしていく予定です。





株式会社ナカヨの会社概要


会社名
株式会社ナカヨ
本社所在地
〒371-0853 前橋市総社町一丁目3番2号
代表取締役社長
谷本 佳己
会社HP




最後に


今回は、世界シェア第3位のIPインターフォン「Comelit」を提供する株式会社ナカヨ 営業開発グループの青木様と渡様にインタビューさせていただきました。


スマートフォンを利用する方が増えるにつれて、ここまで住まいの環境も変わってきたのかと驚くほど利便性を感じたプロダクトでした。


賃貸経営を行う大家さんにとっては、入居者に選ばれる物件を作るために様々な設備を導入することが求められますが、昨今増えつつあるネット通販に伴って生じる荷物の再配達を防止できたりするのは非常に魅力的な機能だったではないでしょうか。


導入数は徐々に増えつつありますが、まだまだ他物件にはない設備になりますので、所有物件を他にない魅力的な物件にする1つの武器としてぜひ覚えていただけたら幸いです。


株式会社ナカヨの公式サイトはこちら



株式会社ナカヨの青木様、渡様、この度はお忙しい中でインタビューのお時間いただき誠にありがとうございました!

空室対策・家賃の底上げにお悩みなら 私たちにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
(24時間365日対応可能)
最適なプランや費用をご紹介致します
無料で導入費用をお見積もり致します